FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4111a.jpg

7月20日を過ぎたというのに日本列島は未だに梅雨明けはせず、

四国に至っては梅雨入りが6月26日と例年より大幅に遅く、

また、梅雨というイメージとは程遠く、集中豪雨が発生する、

毎年、そんな異常気象を更新する今日この頃、

日本は、地球は、少しおかしくなってきているようですね。

66年全米10位の「レイン・オン・ザ・ルーフ」を聴きながら、

この曲のように、穏やかに続く雨の日々を懐かしく思います。

さて、気象話はこの辺にして、

このラヴィン・スプーンプルは一風変わったポップ・グループです。

マグワンプスというフォーク・グループが二つに分裂し、

もう一方はママス&パパスになったというのですから、

双方の音楽を聴くと、その目指すところの違いは顕著ですね。

もうひとつ、日本では彼らのレコードは日本グラモフォンから出てるのですが、

彼らのレーベルは“Kama Sutra”、

カーマ・スートラとはインドの三大性典のひとつとされるもの、

そんな怪しい名前のレコード・レーベルなのですから、

この点でもなんか怪しい、不可解な感じが否めません。

でも、彼らの曲は心を穏やかに温かくする曲なのですから、

とても不思議なグループだという印象なのです。

来週にも梅雨明けかという今夜に聴く「レイン・オン・ザ・ルーフ」、

とても穏やかな気持ちで明日を迎えられそうです。

img4111b.jpg
img4108.jpg

南沙織のシングル・コレクション、1ヵ月ぶりの第2回です。

まだ紹介していなかったレコードの中から、時系列で、

前回に続いて今夜の3曲もすべて、有馬三恵子・筒美京平です。

デビューはボクが大学2年生の時で、

今夜紹介する1枚目は、彼女の7枚目のシングル、

♪~ 逢えば 逢うほど あいつ とても謎なの

    やさしくて がんこで 冷たくて ~♪

ボクが大学4年生の73年春、「傷つく世代」。

タイトルと歌詞がなかなか結びつきませんが、

ちょっと歌い出したら今でもあとの歌詞が出てきますよ。

♪~ 街は色づくのに 会いたい人はこない

    母に甘えて 打ち明けるには ああ 少し大人すぎるみたい ~♪

73年夏、「色づく街」。

さて、デビュー曲から次に紹介する曲まで10枚はコンプリート、

73年暮れの「ひとかけらの純情」。

この歌は今レコードを聴いても歌詞が浮かんできませんでした。

だから、この歌でボクのシンシア・コレクションはひと休み、

まもなく卒論と就職の準備で忙しくなる頃でしたし、ね。

またしばらくしてボクのシンシア・コレクションは復活するのですが、

そのことはまた次回に。

img4109.jpg img4110.jpg
img4107.jpg

昨日は法事で家内の姉妹と我が家の娘、息子が集合。

父の17回忌と母の13回忌が重なって、

お世話になった菩提寺の住職さんが亡くなったこともあって、

家族だけで黙とうと焼香の和洋折衷で冥福を祈念しました。

法事に合うレコードは?・・・、と頭に浮かんだのは、

♪~ Would you know my name

    If I Saw you in heaven? ~♪

4歳の息子を不慮の事故で亡くしたクラプトンが書いた

92年全米2位、全英5位の「ティアーズ・イン・ヘヴン」。

椅子に腰かけて、ジーンズで、ギターを抱えて、

つま弾きながら、静かに歌うエリック・クラプトンが目に浮かぶ。

CDの時代の曲ですが、シングル・レコードを手に入れて、

大切にしているのです。

クラプトンには、レコードの時代にもう1枚、天国の歌があります。

75年全英38位、ボブ・ディランをポップにカバーした「天国への扉」。

♪~ Knock,knock,knock on heaven’s door ~♪

の繰り返しが印象的な、とても好きなカバーです。

ダブル法要の三連休は、

ダブル天国のレコードで納めといたしましょう。

img4106.jpg
img4105.jpg

ホンの数日前にブログに取り上げたら、

フラッと立ち寄った東京の中古店で探していた待望の国内盤発見、

少し高かったのですが、ああ、買ってしまいました。

64年全米8位、ジャン&ディーンの「危険なカーヴ」。

ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンとジャンの共作で、

深夜のスチングレイとジャガーのカーレースを歌ったもの。

この「デッド・マンズ・カーヴ」の舞台にほど近い場所で、

このヒットから2年後の4月12日、ジャンは自動車事故を起こしてしまう。

この頃はそんなことなんて知る由もなかったけれど、

ずっと後になって、ある日テレビで『夢のサーフシティー』という映画を見た。

ジャンとディーンの結成からこの事故を経てカムバックするまでの物語。

マイク・ラブ(特別出演)が紹介してステージにふたりが登場する。

口パクで「サーフ・シティ」を歌い出したものの、

テープの不調で口パクがばれて、会場は大ブーイング・・・。

その時ジャンはたどたどしく歌い始め、ついには自分の力で歌い出す。

ここでエンドロールが流れる、というエンディングを憶えている。

この青春映画は78年作品、そのLPを買ってきた。

邦題は『夢のサーフシティー』だけれど、

原題は『Dead Man’s Curve』、

まさにこの曲は彼らの伝記そのものなのである。

LP91.jpg
img4104.jpg

流行歌(はやりうた)を聴いていると、

あれ?この曲どこかで聞いたことがあるような・・・、

なんてことがよくあります。

もちろん、その流行歌はボクの好きなテイスト。

その大半はすぐに、あるいはちょっとしてから回答を得るのですが、

もうずっと長い間、喉に刺さった小骨のように、

わからないまま、折に触れて思い出しては気になって・・・。

そんな小骨のひとつが抜けました。

レコード・コンサートのキャロル・キング特集のおかげで・・・。

流行歌は、竹内まりや「人生の扉」、

このブログを始めた頃、毎日毎日ラジオでかかっていました。

懐かしいメロディ、こんな雰囲気の曲、聴いたことがあるような・・・。

歌詞もまた本当にいい歌ですね。

さて、同じようなテイストをもった、とボクが思っていた曲は、

62年、キャロル・キング歌う「Nobody’s Perfect」、

「It Might As Well Rain Until September」、

邦題「泣きたい気持」のB面曲です。

後になって発売された国内発売のコンパクト盤には入ってません。

ボクは音痴で、音楽的な素養は持ち合わせていませんので、

専門的なことはまったくわかりませんが、

ボクの中では頭の中に残っていたイメージが似ていたのでしょう。

「Nobody’s Perfect」、学生の頃、習いましたね、

“サルも木から落ちる”の英訳だったこと憶えています。

せっかく小骨が抜けたというのに、

ここ数日、風邪をひいて咳に悩まされている毎日です。

img4001b.jpg img195 img194