FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1365

この派手なレーベル・デザインは大好きなJubileeレーベル。

銀婚式はシルバー・ジュビリー、金婚式はゴールデン・ジュビリー、

25年、50年周期での記念日や祝祭を意味する言葉である。

このめでたい名前を頂いたレーベルは、

白人市場に黒人ボーカル・グループを売り出した最初のレコード会社のひとつである。

しかし、ボクにとっては、

ジュビリーは、ダイ、大好きなレインドロップスのレーベルである。

レインドロップスは、ブリル・ビルディングのバリー&グリニッチのグループである。

メンバーは、ジェフ・バリー、エリー・グリニッチ、その妹のローラ。

そもそもは、自分たちの曲のデモ・テープを作るためのグループであった。

07年8月に紹介した「What A Guy」(63年全米41位)でキャリアをスタート。

最も上位にランクされたのは同年全米17位、

2枚目のシングル「The Kind Of Boy You Can’t Forget」。

そして、同年全米64位は「That Boy John」、

このB面が、08年12月に紹介した「ハンキー・パンキー」。

64年全米62位は「Book Of Love」、

同じく64年の「Let’s Go Together」のレーベルは、

見本盤、NOT FOR SALEだからモノクロです。

エリーが、リード・ボーカルとダブル・トラックでハーモニーを担当、

ジェフは、ボクの大好きなナンセンス・シラブルのバス・ボーカルを担当、

ローラは?スチール写真に参加しただけ!って噂です。

img1366 img1367 img1368



img1361

今日オープンした友だちのライヴ・ハウスからの帰り、

小雨の中でタクシーを待っていた時なぜか口をついて出た「銀の指環」。

知らない人が聞いたらまるで女性アイドル・グループのような名前、

チューリップ。

ロックでもないフォークでもない、

いや、ロックでもありフォークでもある、

ビートルズ・チックな、メロディアスな独自の魅力をもつポップス・グルーブである。

この財津さん率いる音楽性豊かなチューリップも、

姫野くんがリード・ボーカルをとると、どこかアイドル・グループの様相を呈する。

そんな一面も、ボクは好きだ。

73年、姫野くんがリードをとった3枚目のシングル「心の旅」で、

彼らはメジャーになった。

4枚目「夏色のおもいで」、そして、74年、5枚目「銀の指環」、

そして、7枚目の「ぼくがつくった愛のうた」と、

財津さんの作った曲なのに、姫野くんが歌うとアイドル・チックになる。

だから、行ったことはないけれど、きっと彼らのライヴは楽しいと思う。

ほろ酔い気分で、こんなに夜遅く、

姫野くんのレコード・コンサートが始まった。

img1364 img1363 img1362
img1357

別に、同名異曲を集めているわけではありません。

ボクが好きな曲の中に、こんな同名異曲があったのです。

まずは、先日4月16日に紹介した弘田三枝子の「ヴァケーション」のA面、

「リトル・ミス・ロンリー」の同名異曲、

ミコちゃんのはヘレン・シャピロの62年全英8位のカバーでスロー・バラードですが、

この64年のジョニー・シンバル盤は、ディオンの「浮気なスー」そっくりの

タイトルとは似つかないウキウキ・ソングです。

そして、長年探し求めてようやく手に入れた輸入盤1枚、

ダニー・テイタムの「渚のデート」、原題は「ムーンライト・スイム」。

今年3月3日に紹介したアンソニー・パーキンスの「月影のなぎさ」と同名異曲。

しかも、このB面は「アダム・アンド・イヴ」、

今年2月8日のバリー・ダーベル、

4月10日のポール・アンカの「パピー・ラヴ」のB面と同名異曲トライアングル。

ついでに、日本代表は、愛媛出身のふくじゅ草の「東京」。

この姉弟デュオの弟クンは今松山でミュージック・クリエイターとして活躍している。

AM局でラジオ・ディレクターもしているから、

近々レコードにサインしてもらおうと思っている。

09年2月6日に紹介したマイ・ペースと同名異曲である。

広告コピーと同じく、タイトルに著作権はないから、

歌詞やメロディでどんどん競ってほしいと思う。

img1358 img1359 img1360
img1354

♪~ トゥールリラー トゥルリラー ~♪

今夜の『ミュージックフェア』は、「野ばらのエチュード」から始まった。

82年11月、松田聖子のオリコン連続1位の9曲目。

なぜ、『ミュージックフェア』の話なのかというと、

この番組のスポンサーはシオノギ製薬、テーマは“SONG For You”、

ボクはかねてから、

SIONOGIのローマ字表記の中にSONGがある、

このことを見つけたクリエイターのセンスに感服していた。

こんなセンスこそ、広告マンに必要なものだと思っているから。

真面目な、広告の話をひとつ。

広告マンの大切なセンスのひとつは、

売り手(広告主)の価値観を買い手(生活者)の価値観に変換すること。

だから、ボクはいつも、プロの消費者、プロの生活者でありたいと思っている。

人は、どんなものに興味をそそられるのか?、どんなものが欲しいのか?、

どんなイベントなら行くのか?、どんなことが楽しいのか?。

語り出したら、“かっぱえびせん”、

やめられない、とまらない、これもCMである。

CMつながりで、ボクの持ってる大好きなCMソングのCDを2枚、

『明治チェルシーの唄』、

71年のシモンズから03年のケミストリーまで16トラック。

『コカ・コーラ コマーシャルズ』、

66年のシーカーズから、69年グラディス・ナイトとピップスまで65トラック。

何回聴いても飽きないネ。

img1355 img1356

img1350

タイトルに“すてきな”が付いている曲、

ボクのコレクションにいっぱいあることに気づきました。

「すてきな16才」、「すてきな王子様」、「すてきなガール・ハント」、

「素敵なカム・バック」、「すてきなダンス」、「すてきなバレリ」、

「すてきなメモリー」、「素敵なやつ」、「素敵なラブリーボーイ」、

既に紹介済みのこれらの曲、誰の歌か、いくつわかりましたか?

さて、今夜は、これらの曲ほど有名ではないちょっとマイナーな4曲を紹介します。

まずは、オーストラリアのアイドル、リトル・パティ、

66年、彼女の日本でのデビュー曲「すてきなマイ・ボーイ」。

原題は「He’s My Boy」。

オールディーズ・タッチのアイドル・ポップス、大好きな1曲です。

よく似た原題「He’s My Man」は

65年、アン・マーグレットの「すてきなボーイ・フレンド」。

ささやくような甘い歌声は「バイ・バイ・バーディー」とは別のアンの魅力です。

3曲目は、「マスター・ジャック」のフォー・ジャックス・アンド・ア・ジル、

67年の「すてきなティモシー」、彼らの人気を決定づけた曲です。

最後は、リヴァプール出身のアイドル・グループで、

ベイ・シティ・ローラーズの柳の下のどじょうグループ、

バスター、77年の「すてきなサンデー」。

これがけっこういい感じ、“すてきな”マイナーヒット曲です。

img1351 img1353 img1352
img1346

もう何度も紹介したように、ボクはナイアガラーの末席に陣取る者です。

大瀧(彼は作詩作曲者としては瀧を使用する)さんが女性たちに提供した曲、

一連の「夢で逢えたら」や太田裕美、アン・ルイスなどは紹介しましたが、

その他にもまだまだいっぱいあるのです。

彼の作品集や雑誌の特集で語られているように、

そのそれぞれに歴史やウンチクはあるのですが、

そんなことを語るのは本意ではありません。

ボクは、そのステキなメロディと、彼女たちの魅惑の歌声を楽しんでいるのです。

まずは王道、81年オリコン1位、松田聖子「風立ちぬ」。

07年10月に紹介したように「ブルー・ジーン・ビーナス」っぽい曲。

そして、83年薬師丸ひろ子の「探偵物語」と「すこしだけやさしく」。

少しマイナーですが、ナイアガラーには欠かせない名曲、

作詩・作曲、大瀧詠一、

81年、須藤薫の「あなただけ I LOVE YOU」。

今夜の最後は、大滝詠一の最高傑作『A LONG VACATION』の

「カナリア諸島にて」のカバー、82年、百瀬まなみ「カナリア諸島」。

このカバーを聴いていると、

あらためて歌手大滝詠一のすばらしさを再認識させられる、

とは、幸せな結末ならぬ皮肉な結末。

img1347 img1348 img1349
img1342

前回「ヴァケイション」を紹介したお休みつながりで、

今夜は「サマー・ホリデイ」。

HolidayはVacationよりも短いお休みで、休日のこと。

♪~ みんな! 1、2週間仕事をおっぽりだして

   みんなで一緒に夏休みををとろうぜ!

   その間だけは すべての悩みを忘れようよ! ~♪

63年全英No.1、陽気で軽快なクリフの真骨頂。

このシングルは最近手に入れた国内発売の初回盤。

これまでボクが持っていた「サマー・ホリデイ」は再発盤で、

400円の定価がついているから70年頃に買ったものだと思う。

もうひとつ、最近手に入れた「サマー・ホリデイ」は、

とても珍しいもの。

クリフの和製カバー盤なのですが、歌っているのはペア・スカンク。

レコード・ジャケットの写真のような男性デュオなのですが、

このペア・スカンクって何者?

これからゆっくりと調べてみたいと思う。

ついでに、クリフの話題をもうひとつ、

59年全英No.1で、クリフが人気者になるきっかけになった曲、

これも映画の主題歌「リビング・ドール」。

このレコードのレーベルにあるアーティスト・クレジットは、

クリフ・リチャード with ザ・ドリフターズ、となっている。

アメリカに同名グループがいたために、

シャドウズと改名することになる直前のリリースなのである。

img1343 img1345 img1344
img1339

世の中でコレクターと言われる人たちは、

自分のコレクションを紹介する時、

誰でもが持っているような、誰もが知っているような、超有名なモノは紹介しない。

皆が持っていないレアなモノから見せたいのです。

ボクは決してそんな男ではありませんが、

そんな男ではないと思っていましたが、

やっちゃってました!

♪~ V・A・C・A・T・I・O・N ~♪

そんな単語のスペルを教えてくれた、超定番オールディーズは、

62年9月全米9位、コニー・フランシスの「ヴァケイション」。

62年10月、まずは英語盤をB面曲として国内発売、

そして、11月には日本語盤をA面曲として発売。

両方とも洋楽レーベルのため、価格は330円。

この曲は、ホントに多くの女性歌手がカバーした。

その中で最も売れたのは弘田三枝子盤、約20万枚売ったという。

もちろん訳詞は、我らが漣健児さん。

このシングルは邦楽レーベルだったために、価格は290円。

Vacationは、長期の休暇のこと。

当時の日本には、ボクの回りには、そんな概念はなかった。

憧れのアメリカの生活の象徴だったのだと思う。

img1340 img1341
img1335

あの頃、空気はゆるやかに流れていた。

時代の風潮なのか、学生気分だったからなのか、定かではないけれど、

今よりも、空気は澄んでいたし、さわやかな風が吹いていた。

ボクのコレクションも、洋楽のオールディーズよりも、

その雰囲気をもった楽曲を歌うアイドルのものが多くなっていた。

社会学的に語るなら、

アイドルたちは作られたキャラクターを必死に演じていたし、

ボクたちは、それに“快く”騙されていた。

73年夏から74年1月にかけての、お姫様カットの麻丘めぐみは圧巻であった。

千家和也・筒美京平の連続3曲にやられてしまった。

♪~ 小さく投げキッス フッフッ ~♪

49.5万枚の最大ヒット、唯一のオリコンNo.1「わたしの彼は左きき」。

♪~ ヤッホー 朝もやの牧場を ~♪

22.2万枚、オリコン8位「アルプスの少女」。

そして、ボクが一番好きだった、19.4万枚、オリコン6位は、

♪~ チャッチャッチャ 大事にしてねー 大事にしてね ~♪

ホンの少しの喧騒を忘れられた2分53秒、「ときめき」。

ボクの心の中の奥深くにはまだ、あの頃のときめきは残っているかぁ?

img1336 img1338
img1332

しつこくお届けする、タイトルに“天国”の付く曲のシリーズ。

まだこんなに持っていたなんて、自分でも驚きなのです。

♪~ Chirpy Chirpy, Cheep Cheep ~♪

このタイトル(原題)のかけあいコーラスが楽しい「チピ・チピ天国」。

聴いたままの音をタイトルにしてしまった安易な邦題。

オリジナルは、作者のラリー・スコットで71年全米92位。

そして、カバーしたスコットランド出身のミドル・オブ・ザ・ロードは、

この曲で71年全英No.1になってしまった。

当時日本でもこのシングルがややヒットを記録している。

やっぱりこの曲をカバーしたマックとケティーのキスーン兄妹盤は、

全米20位、全英41位を記録するが、日本では未発売。

そして、その半年後に日本デビュー盤となったのが「フリフリ天国」。

原題は「I’ve Found My Freedom」、

「チピ・チピ天国」をヒットさせたデュオの次の曲で、

タイトルに“フリーダム”が入っているので、

邦題は、「フリフリ天国」にしとくか!というこれまた安易なスタイル。

本当に売る気があったのでしょうか?

同じ単語を繰り返す天国、と言えば、この曲を忘れてはいけません。

というわけで、日本代表は・・・

“スカートをはいて大行進”、GSもここまで来たか、とボクらは涙した。

67年、クーガーズのデビュー曲「テクテク天国」。

歩行者天国が評判になったことに便乗して作られた行進曲、とはなんとチープな!

メンバーはなかなかの猛者揃いだったけれど、

これ以上語りたくない悲惨なプロモーションなのでした。

img1333 img1334
img1330

ボクのブログの一番多いスタイルは、

オールディーズの名曲のカバーを紹介すること。

同じ曲なのに、歌う人が違うと趣が大きく変わってしまう。

このアーティストはなぜこの曲をカバーしたのだろうか?

この曲を選んだのは失敗ですよ!

などと、そんな想像を巡らせたり、そんな評論をするのが楽しい。

今日紹介するのは、とてもナイスな選曲の、大成功の一例です。

60年全米2位、ポール・アンカの名曲「パピー・ラヴ」。

幼い恋、とか、初恋、とかの意味。

ポール・アンカ、18歳の時の曲なのに、朗々と歌い上げるお得意のスタイル。

本当にナイスな選曲をしたのは、72年全英1位、ダニー・オズモンド。

14歳でのカバーは、年齢ぴったり、まるで自分の歌のようにいい雰囲気を出している。

そして、同じ72年にカバーしたのは、アグネス・チャン。

日本での初アルバム『ひなげしの花』の中に収録。

これがまた、アイドルの余芸とは言わせない趣、

とてもいい味、なのである。

当時ラジオで一度聴いただけだったけれど、

このブログを書くために、結構苦労して手に入れたLP。

あらためて聴いたアグネス版「パピー・ラヴ」、

大学生の頃の印象を再確認したボクなのであります。

img1331 LP23
img1328

誰が決めたのか知らないけれど、

4月は新しいスタートの月。

“新学期”、もう忘れていた懐かしい言葉です。

小・中は田舎だったものですから、クラスのメンバーはほとんど同じ。

でも、高校時代は、新しい仲間との出会いがありました。

どんな可愛いい女の子と同じクラスになるのかな、とか、

仲のいいあいつと今年も一緒だろうか、とか、

楽しみだったこと、思い出してしまいました。

64年、ポールとポーラの「すてきな新学期」、

魅力的なジャケット写真は、ふたり乗りの自転車。

この曲のカバーは、日本のポール&ポーラ、梓みちよと田辺靖雄、

MichiyoとYasuoで、その名もマイ・カップル。

ポールとポーラのカバー曲がいっぱいあるのですが、

それはまたの機会に。

今では遠く離れてしまった奈良の高校の同級生たち、

今年は揃って還暦を迎える年、

思い出いっぱいの高校2年生の時の同窓会を呼びかけてみようか・・・。

img1329

img1325

まだありました、タイトルに“天国”の付く曲。

1804年、トーマス・ジェファーソン大統領が広大なルイジアナの開拓地に派遣した

ルイス・アンド・クラーク探検隊と同じ名前をグループ名にした

ルイス&クラーク・エクスペディション。

リード・ギターのルイスくんと、ボーカルのクラークくんを含む5人組。

67年、コルジェム・レーベルがモンキーズに続いて送り出したアイドル・グループ。

この「青空天国」は、原題「I Feel Good」、

明るく開放的なアイドル・ソングです。

青空、と来たら、当然カリフォルニアでしょう。

というわけで、続いてはナンシー・シナトラ、日本では最後のスマッシュヒット曲、

71年の「カリフォルニア天国」、原題は「How Are Things In California?」。

こちらも、天国という名にふさわしいフォーク・タッチの明るいポップスです。

今夜の最後は、またまたオズモンド・ブラザーズ。

日本ではオズモンド・ブラザーズ名義ですが、

アメリカでは、13歳のダニー・オズモンドのソロ名義でリリース、

71年全米7位のヒットを記録している。

原題は「Sweet And Innocent」、

そのタイトル通り、甘くて純真無垢な、幼くて、それでいて美しい、

ボクたちの大好きなティーンズ・ポップスである。

付いた邦題が「初恋天国」。

今夜の“天国”への階段は、

いずれの曲も、その名にふさわしくハッピーな気分にさせてくれるのでありました。

img1326 img1327
img1321

残念ながら、シングル盤がリリースされていない(と思う)ものですから、

レッド・ツェッペリンについて書こうというのではありません。

タイトルに“天国”が付く曲が、ボクのレコード棚にいっぱいあるものですから、

そいつらを探して引っ張り出して来ました。

「ダンス天国」は09年10月に、

「口笛天国」は07年10月に紹介したものですから、

今日のところは、まず、有名どころのPPM「ロック天国」です。

67年全米9位のこの曲の原題は、「I Dig Rock And Roll Music」、

歌詞の中に、ママス&パパスやドノバンの名が出てくる、

ポールがひやかしのつもりで作ったユーモアあふれる一曲。

突然ですが、前回はジャケット写真を1枚だけしか掲出していなかったために、

未紹介だったザ・カーナビー・ストリート・セットの「口笛天国」も掲出します。

さて、ロックときたら、次はこれ、81年、マッチボックスの「ロカビリー天国」。

マッチボックスはイギリスの6人組のグループ、

ロカビリー、といってもネオ・ロカビリーではありますが、

何よりもこの曲、作曲者がダイちゃん、当時の名前は井上忠夫、

だから、ボクのコレクションにあったのでしょう。

“天国”の付く曲の“音楽シリーズ”、

最後はやっぱり「ミュージック天国」、69年オズモンド・ブラザーズ。

少しマイナーな曲ですが、コレクションの流れとすれば、いい感じの締めとなりました。

img1322 img1323 img1324
img1317

60年、日本だけでのヒット曲、ジャミー・クーの「燃ゆる想い」。

もちろん、オン・タイムで聴いたことはなかったけれど、

ずっーと後になって、ラジオで聴いて、買いに走ったレコードである。

まず冒頭、幽霊が出そうな感じの女性コーラスが気になる、

シンプルに刻むギターの合い間をぬって、ジャミーが燃える想いを歌い上げる。

♪~ 星が空から降ってくるまで 大海が乾ききってしまうまで

   太陽が燃え尽きるまで この世がある限り 

   いつまでも あなたを愛しつづけます ~♪

という、典型的な、定番ラヴ・ソング。

ボクの買ったレコードは、東芝音楽工業のオデオン・レーベルで500円。

けれど、最近になって、ちょっと違ったジャケットのシングルを見つけた。

こちらは、東京芝浦電気のエンジェル・レーベルで350円。

もちろん、こちらの方が初回盤。

このエンジェル・レーベルは、1955年に自社製造を始めた

東京芝浦電気の洋盤専用レーベル。

60年にはレコード事業を独立させ、東芝音楽工業を設立したのだから、

このレコードはそのギリギリの遺物なのでしょう。

この2枚、曲も音も、ライナー・ノーツもまったく同じ、

オリジナル初回盤と、レーベル変更に伴う再発盤だったのでしょう。

前にも書きましたが、レーベルの集大成本、誰か出してくれないかなぁ。

img1318 img1319 img1320