FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2345

彼らのスタイルはアマチュア時代から突出していた。

ジャクソン家の子供たちが初めてギグを行った時、マイケルはわずか5歳、

ギャラはたったの8ドルだったというが、

ステージにはいっぱいの投げ銭があり、合わせたら100ドルにもなったという。

「アイ・ウォナ・ビー・フリー」という曲を作ったペレン、ミゼル、リチャーズは、

ベリー・ゴーディの元へ行き、ダイアナ・ロスに歌って欲しいと頼んだ。

ゴーディのアイデアで、歌詞を書き換え、タイトルを替え、

モータウンと契約したばかりの子供5人組に歌わせることにした。

この5人組をモータウンに推薦したのは、グループを後見していたダイアナ・ロス。

時に、マイケル10歳、マーロン12歳、ジャーメイン14歳、ティト15歳、ジャッキー18歳。

このデビュー曲「帰ってほしいの」は、69年10月に発売され、

70年1月31日、ビルボード№1に輝いたのである。

ジャクソン・ファイヴの、マイケル・ジャクソンの、

輝かしいキャリアのスタートの瞬間であった。

10歳の子供が抜群の歌唱力で大人のラヴソングを歌い、

残りの4人は、コーラス、ギター、ベース、コンガを手に、ステージ狭しと踊りまわる。

アイドル的人気をもつ“ボーイ・バンド”であり、

小さな子供を擁したファミリー・グループという、

この新しいスタイルがショービジネスの世界に受け入れられないわけはない。

1970年1年間で、この子供たちは連続4曲を№1に引き揚げた。

まだ未紹介だった3曲目の№1、「小さな経験」、

この経験が、マイケルを“キング・オブ・ポップ”へと導いたのだろうか。

img2346
img2341

Good-for-nothingというか、Uselessというか、Stupidというか、

ショーモナイ、バカバカシイことを楽しむ余裕が欲しいものです。

先日、昔の会社のOB会『古い水夫の会』で飲んでいて、そんなことを思いました。

毎年、一泊の忘年会で大喜利をしたり、バカ騒ぎしたり、

釣りを始めるに当たって、対象魚や仕掛けや海の中の様子を研究発表し合ったり、

あと・・・、話したいエピソードがいっぱいあります。

そんなことを考えていたら、急に聴きたくなった歌が・・・。

♪~ ひとつ山超しゃ ホンダラダッタホイホイ

   もひとつ越しても ホンダラダッタホイホイ

   越しても越しても ホンダラホダラダ ホイホイ ~♪

63年、ハナ肇とクレイジー・キャッツ「ホンダラ行進曲」。

青島幸男さんの無意味でナンセンスな歌詞と、

萩原哲晶さんのコミカルなマーチ?音頭?ジャズ?のメロディ、

そして、クレイジーのとぼけた、ヤケ気味の歌唱が、今も新しい。

というわけで、手元にあるクレイジーのシングル聴きまくりとなった。

61年、一世を風靡した「スーダラ節」、「こりゃシャクだった」。

62年、歌詞が不適切で発売禁止になった「五万節」と、「ドント節」。

63年、“一言文句をいう前にホリャ親父さん”の「学生節」(82年再発盤)。

こりゃ、楽しいぞ!

img2342 img2343 img2344
img2338

これもまた、長年探していた1枚、

68年、C.G.Roseの「Sayonara,Baby」。

このC.G.Roseとは、3月の下旬に特集したロン・ダンテの偽名。

洋楽なのに、歌詞は全部英語なのに、タイトルは「Sayonara,Baby」。

そりゃ、コレクターの興味もそそられるというものです。

♪~ Sayonara baby,

   means goodbye in every way ~♪

なんて歌詞です。

語源、“さよなら”は、“左様ならば”お別れしましょう。

“Goodbye”は、“God be with you”、

“神とともにあれ”、相手の幸せを願っての言葉のようです。

そして、突然聴きたくなった2曲、

70年全英6位、クリフ・リチャードの「グッドバイ・サム」、

“僕はもう男の子とは遊ばない、これからは女の子のやさしい愛情が欲しいんだ・・・”。

もう1曲は、

♪~ さよならは別れの言葉じゃなくて

   再び逢うまでの遠い約束 ~♪

この、来生えつこさんの名言、

81年、「セーラー服と機関銃(夢の途中)」、薬師丸ひろ子。

もう1度、「Sayonara,Baby」をかけて、“カ・イ・カ・ン”!

今夜はお開きです。

img2339 img2340

img2335

アメリカやヨーロッパのポップスに日本語の訳詞をつけて歌った時代、

これをカバー・バージョンの時代と呼ぶ。

同じ曲なのに違う訳詞をつけて競作としてリリースする、なんてことは日常茶飯事、

本当に自由競争の時代だったのですね。

09年4月1日に書いた、エルヴィスの「ロカ・フラ・ベイビー」、

日本でのカバーの本命は佐々木功さん、訳詞は漣健児さん。

♪~ 赤いレイをかけたあのこが 腰をふりながら

   フラを踊れば 島の電車がとまっちまうさ

   ロッカ・フラ・ベイビー ロッカ・フラ・ベイビー

   なぜなら運ちゃん あのこにホレてる ~♪

この“ポップス版”のステキな歌い方に対するは、

競作の藤木孝さん。

この度めでたく、ようやくのゲットと相成りました。

タイトルは、「ツイスト・フラ・ベビー」。

そして、珍しいことに作詞は草野昌一名義、漣健児さんの本名である。

♪~ 赤いレイをかけたあの子が ヒップふりながら

   ツイスト踊れば 島の電車も止まっちまうのさ

   ツイスト・フラ・ベビー ツイスト・フラ・ベビー

   なぜなら運ちゃん あの子が好きだって ~♪

こちらは“ロック版”のハードな歌い方。

ボクの好みは、佐々木功盤なのだけれど、このシングルは高くて高くて・・・(涙)。

このジャケットには、渡辺美佐さんによる“ツイストについて”や、

とても親切な“ツイストの踊り方”を解説してくれている。

そして、

B面はテリー・ランダッツォの「ワン・モア・チャンス」のカバーというのもうれしい。

カバー・バージョンの時代にはまだまだ楽しい話題がありそうです。

img2337 img2336
img2331

一昨日、何気なく書いたアーティストの訃報の話題。

次の朝のニュースにビックリギョーテン!

ビージーズのロビンが亡くなったという。

双子のモーリスは2003年1月13日に亡くなっていたけれど、

ロビンのボーカルはビージーズに欠かせない存在だった。

何度も何度もこのブログで取り上げてきたグループ、ビージーズ。

まだ未紹介だったレコードを集めてみた。

まだ5人組だった初期、彼らの5枚目のヒット・シングル、

67年全英9位、「ワールド」。

そして、68年末に4人になり、69年春、ロビンがソロ活動のため独立で3人に、

同年夏、バリーとモーリスの2人になったビージーズのヒット曲は、

70年全米94位、全英49位、「アイ・オー・アイ・オー」。

その後70年9月にバリー、ロビン、モーリスの3人で再スタートした。

65年の作品ながら、映画『小さな恋のメロディ』の冒頭を飾った

「イン・ザ・モーニング」は71年日本のみでシングル・カットされた。

そして、最後の1枚は、

サタディ・ナイトにフィーバーした後の、79年、7枚目の全米1位、

「Too Much Heaven」、邦題は「失われた愛の世界」。

国際児童年に協賛して、著作権をユニセフに寄付した記念の作品である。

下の弟アンディも既に亡くなり、長男バリーひとりになったギブ兄弟、

ビージーズも、もう完全に復活することもなくなった・・・。

img2332 img2334 img2333
img2329

高校生の頃夢中になったグループ、

そのメンバーの死によって、もう二度と彼らの再結成を見ることができなくなる。

そんな訃報に接する度に、

ボクもそんな歳になってしまったのだなぁ、と思う。

昨年5月7日、ジョン・マウスは67歳で逝った。

ウォーカー・ブラザーズのジョンである。

1980年12月8日、ジョン・レノンの死は仕事中ラジオで知った。

その時にも同じような思いをもった、レノンは40歳だったからなおさらである。

さて、そのふたりのジョンは、

奇しくも同じタイトルの自作のヒット曲をもっている。

「ウーマン」、

ジョン・ウォーカーは69年、

ジョン・レノンは彼の死後81年1月16日にシングル・カット、

3月21日にはビルボード2位を記録している。

みんながよく知っているのはもちろんレノンの方だけれど、

作品として、ポップスとして出来のいいのもレノンの方だろうけれど、

今日はなんだかジョン・ウォーカーの「ウーマン」が気にかかる。

スコットがプロデュースしているだけあって、

彼のソロ・シングル「ジョアンナ」によく似た曲調のスロー・バラードである。

急に、ウォーカーズの映像を見たくなってパソコンの前に、

ジョンの姿に注目しながら、ひとしきりウォーカーズを楽しんだ。

傑作は、64年、若くてカッコいいジョンとスコットがギターを弾きながら、

プロッサムらしき女性コーラスとダンサーズを従えて歌う、

「ドゥ・ワ・ディディ」。

少し前に、その存在を友人に教えてもらった映像である。

img2330 img284 img726
img2325

未整理レコードを整理してたら、

4年前にまだまだ余裕のあったレコード棚から、

200枚以上のレコードが溢れ出してしまった。

仕方なく、“日本のアイドル”の一部を袋戸棚に仕舞い込むこととなった。

なんとか袋戸棚行きを免れた、ギリのアイドルは桜田淳子。

“花の中三トリオ”で唯一、

能天気で平和なガールズ・ポップスの雰囲気を感じさせてくれたのは彼女だった。

今夜は、そんな桜田淳子のレパートリーから“初めて”楽曲をピックアップ。

まずは、彼女の最大のヒット曲で“初の”オリコン1位獲得曲、

74年12月、「はじめての出来事」。

♪~ くちづけのその後で おしゃべりはしないで ~♪

そして、“初めて”賞を獲った曲、レコード大賞と歌謡大賞の新人賞受賞曲は、

73年8月、「わたしの青い鳥」。

♪~ ようこそここへ クック クック わたしの青い鳥 ~♪

そして、“初めての”オリコン・ベスト10入りの曲は、

73年11月、「花物語」。

♪~ (セリフ) この花は私です やっと綺麗に咲いたのです ~♪

もう1曲は、紅白歌合戦“初”出場曲、

74年5月、「黄色いリボン」。

♪~ 風になびく 黄色いリボン ~♪

とても懐かしい4曲でした。

img2326 img2327 img2328
img2323

毎月1回のレコード・コンサード、来月のテーマは“バリー・マン”。

いよいよ、ボク待望のバリー・マンをかけることができます。

1回にかけることができるのは20曲ぐらいなのですが、

最低でもその倍はレコードを持って行きます。

こだわりは、7インチ、シングル盤しかかけないこと。

その日、何をかけようか、なんて事前に決めているわけではなく、

ボクの気分、その場の雰囲気で決めるのですが、

最初と最後ぐらいは決めておこうと思っています。

さて、まだ紹介していなかったバリー・マンのレパートリーは・・・と、

まずは、ABCパラマウントからの4枚目のシングル、

61年全米109位、「リトル・ミス・USA」。

女性コーラスとともに歌うメロディアスなロッカ・バラードで、

歌詞にはアメリカ各地の地名が散りばめられています。

もちろん、マン&ウェイルの作品です。

次は、「フー・プット・ザ・ボンプ」以来のビルボードHOT100チャート・イン、

64年全米94位、「トーク・トゥ・ミー・ベイビー」。

珍しいレッド・バードからのリリースで、

作家から本格的にシンガー&ソングライターへの転身を狙った曲。

なかなかいい歌いっぷりです。

レコード棚から、バリー・マン関連のレコードをピックアップしようとしたら、

あまりに未整理のレコードが多かったものですから、

突然片づけを始めざるを得なくなりました。

ああ、タイヘンなことに・・・。

img2324
img2321

大阪広告協会が1994年に出した、

『なにわのCM100連発!』というビデオを見ている。

これに収録された大阪のCMの最初の作品は、56年の生CM、

崑ちゃんと佐々やんのダイハツ“ミゼット”の90秒。

ミゼットは三輪自動車で、ボクも乗ったことはあるけれどもちろん運転したことはない。

学生服姿の大村崑さんと佐々十郎さんの絶妙な掛け合いが懐かしい。

と、思い出すのはその後に始まったテレビ番組『番頭はんと丁稚どん』。

花登筐さんがフランク永井さんのショーでの人気喜劇をヒントに企画した公開番組で、

大阪船場の薬問屋を舞台にした人情喜劇であった。

そんなわけで、今夜聴きたくなったのは“低音の魅力”フランク永井さん。

58年の「こいさんのラブコール」。

♪~ なんで泣きはる 泣いてはる ~♪、に始まり、

♪~ こいさん こいさん 女であること ああ 夢みる ~♪

あまり知られていないと思うけれど、“こいさん”は3人姉妹の末っ子のこと。

長女は“いとさん”、次女は“なかいとさん”と呼ばれた。

“こいさん”とくれば、トリオこいさんずも聴かねばなるまい。

名作「イヤーかなわんわ」は紹介済みなので、

今夜は所蔵のもう1枚、「早くお嫁に行きたいわ」。

B面が「こいさん月夜」なので、今日のテーマにはぴったり。

聴きながら、またまた思い出したのは、

『番頭はんと丁稚どん』の提供は、七ふく製薬、

“昔も今も、効き目で売れる七ふく”、いいコピーでしたね。

img2322
img2319

66年全米8位の「スループ・ジョン・B」は、

あの傑作『ペット・サウンズ』からのシングル・カット。

もともとは、

バハマ諸島の沖合で起こったジョン・B号という船の沈没事故を基に作られた歌で、

オリジナルは、

あの、プロテストソングのパイオニア、ピート・シーガーのグループ、

ウィーヴァーズのメンバー、リー・ヘイズが作り、彼らが50年に発表した曲。

オリジナルのタイトルは、「(The Wreck Of The)John B」。

ウィーヴァーズが歌ったこのバハマ諸島の民謡を、

ブライアンは、フォーク・ロックとサーフィン・サウンドにのせて絶妙にアレンジ、

ゴキゲンなヒットソングに仕上げた。

「スウィート・リトル・シックスティーン」を「サーフィン・USA」にしたり、

レジェンツの「バーバラ・アン」をカバーしたように、

見事に自分たちの曲に仕立て上げてしまった。

とはいえ、ウィーヴァーズの、シンプルで歯切れのいいフォーク・ハーモニーも、

本当にこれが1950年の歌かと思うくらい見事なものだ。

多くのアーティストにカバーされた「ジョン・B」と、

ウィーヴァーズのその他の曲、

どっちもボクのコレクション魂をかきたてる。

いやはや本当に困ったものだ、と思いながら、

繰り返し繰り返し、何度も何度も、この2枚を楽しむ夜なのです。

img2320
img2316

ソロシンガーが歌うGS風の楽曲を“1人GS”と呼ぶとしたら、

その先駆者は間違いなく加山雄三さんである。

65年1月にアストロノウツとベンチャーズが来日して日本のエレキブームが始まった、

と言われている。

そして、日本でエレキギターと言えば、寺内タケシさんを忘れてはならないけれど、

加山さんは、65年『エレキの若大将』で蕎麦屋の隆くん(寺内さん)を

グループに引き入れ、エレキ合戦に出場した。

日本初のGSのレコードと言われるスパイダースの「フリ・フリ」が65年5月、

なのに、加山さんは『エレキの若大将』の一作前の『海の若大将』で、

歌詞が前編英語の自作曲、「ブーメラン・ベイビー」を歌ったのは65年8月。

シングル発売は翌年の6月になってしまったけれど、

もはや“1人GS”なんて言うのも失礼な感じ。

♪~ 君を捨てて遠くに飛んで行ったけれど

   やっぱりボクは戻ってきたよ ~♪

そもそも、加山さんの歌は、61年『大学の若大将』の「夜の太陽」から始まる。

65年6月「恋は紅いバラ」「君が好きだから」、

65年12月のインスト曲「ブラック・サンド・ビーチ」、と

ボクの好きな、懐かしい曲は続く。

寺内タケシとブルージーンズ、ランチャーズ、

ワイルド・ワンズ、ハプニングス・フォーをバックに、

ゴキゲンな歌や演奏を聴かせてくれた加山さんは現在75歳(の、はず)、

いつまでも若々しい、憧れのアクティヴ・シニアである。

img1709 img2317 img2318
img2312

「イカシタ彼」のミリオン・ヒットで全米№1を獲得したシフォンズは、

もともとは高校生の3人組だった。

62年にリード・ボーカリストのシルヴィアを加えて4人になったグループは、

フォー・ペニーズと名乗った。

彼女たちは、63年にこのグループ名で2枚のシングルを出している。

ボクの好きな「ウエン・ザ・ボーイズ・ハッピー」はその中の1枚。

この曲に出合ったのは、ジェフ・バリー&エリー・グリニッジ作品を探していて。

そして、フォー・ペニーズとは、シフォンズになる前の名前だと知った。

全米95位とはいえ、この曲調はまだ洗練される前のガールズ・グループのそれ、

ビートルズ来襲前の平和なアメリカン・ポップスである。

もう1枚は、全米67位の「マイ・ブロック」。

この後、「ヒーズ・ソー・ファイン=イカシタ彼」でシフォンズと名乗り、

フォー・ペニーズは昔の名前になってしまうのである。

さて、今夜はもう1枚、豪華な付録を付けました。

63年シフォンズが歌い全米5位とヒットさせた「ワン・ファイン・デイ」、

その作曲者キャロル・キングのセルフ・カバー盤。

“ホラ、この歌はこのように歌うのですよ”と、本当にシンプルに歌い、

80年全米12位のヒットを記録した。

まるで、

アイドルに提供した曲をセルフ・カバーする竹内まりやの趣。

img2313 img2314
img2315

♪~ 足音だけーで ~♪

艶っぽい話ではない。

朝6時、廊下をトントントンとやってくる足音、

1週間ほど孫(女の子)が来ていた毎朝、

夜8時に寝る2歳3ヵ月の彼女の朝は早い。

そのカワイイ足音に飛び起きて、

“おはよう!”“おはよう”

帰ってしまった今朝、その足音は聞こえない。

しかし、ボクは目が覚めてしまった。

階段を降りてくる家内の足音では代わりにならないね。

オールディーズのカバーで一世を風靡した“スパーク三人娘”のひとり、

伊東ゆかりさんの「あの人の足音」を思い出した。

中尾ミエさんも園まりさんも、そう森山加代子さんも弘田三枝子さんも、

少し歳を重ねた頃には歌謡曲でカムバックしましたね。

それはそれで、好きでしたけれど、

この伊東ゆかりさんやいしだあゆみさんの歌謡曲は、

大学生の時に下宿仲間とよく歌ったものでした。

それがまさか、孫の話で思い出すとは・・・

ボクも歳をとったものです。
img2309

予定の何もない休日の朝食はパンがいいね。

フランスパンを斜めに切ってマーマレードで食べたい気分。

パン、と言えば、常識的にはバターなのでしょうけれど、

乳製品が苦手なボクとしては、バターや牛乳はノーグッド。

これで、その昔乳業メーカーの広告担当だったのですから、世界不思議発見!

そのおかげかどうか、バニラアイスクリームやピザは大丈夫になりました。

さて、マーマレードの朝には、

甲斐智枝美の「マーマレード気分」を聴きながら・・・、

なんて言う人はきっと全国に3人ぐらいしかいないかもしれないね。

♪~ 生まれたての太陽 かけぬける二人

   マーマレードの朝は

   いい顔 いい声 いい気分 なの ~♪

『スター誕生』出身、ホリプロの甲斐智枝美は、

80年、「スタア」でデビューした。

「マーマレード気分」は3枚目のシングルで、最も売れた曲だと思う。

残念ながら、その後も鳴かず飛ばずだったのですが、

82年、7枚目のシングルは「誘ってルンナ」。

あの「月影のナポリ」のカバーだというので、思わず買ってしまいました。

今朝、のんびりと過ごす朝に思い出したのは、

その後ちょっと不幸な結末を迎えることになるアイドルの曲なのでした。

img2310 img2311
img2308

著名な作詞家は、歳を重ねるにつれてメッセージ性のある詞を書きたくなるようだ。

1967年は、米内外にベトナム戦争が混迷をもたらした頃、

モンキーズの「プレザント・バレー・サンデー」で、

ジェリー・ゴフィンが、アメリカに現状の是非を問うた。

同様に、「灰色の影」で、

シンシア・ウェイルは、現状が複雑怪奇であることを憂いた。

♪~ 昔は正しいことと悪いことの区別は簡単だった

   生きてゆくことは子供にもできるシンプルなゲームだった

   でも今は 昼と夜 暗闇と光 黒と白の区別もなく

   ただ灰色の影があるだけ ~♪

アメリカではシングル発売されていないために、コレクションから漏れていましたが、

日本のみで発売された4曲入りEP盤を入手しました。

メインはもちろん「Shades Of Gray」=「灰色の影」。

シンシア・ウェイルのメッセージを、バリー・マンが美しいメロディにのせた

希代の名曲だと、あらためて認識した。

カップリングの、「あの娘を忘れろ」は元タートルズのチップ・ダグラスの曲、

「ランディ・スカウス・ギット」はミッキー・ドレンツの曲、

「君はひとりぼっち」はマイク・ネスミスの曲。

どれもこれも、その昔『ザ・モンキーズ・ショー』で聞き覚えのある曲。

特に、「ランディ・スカウス・ギット」を聴きながら、

ミッキーがティンパニーをたたきながら歌い、

ピーターはピアノを奏で、デイビーがドラムをたたいている映像を思い出した。

You何とかでその映像を確認もできましたし、

本当にお得感のある、楽しい1枚でした。