FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img141


2008年、あけましておめでとうございます。

喪中の我が家は、やや寂しい静かな新年です。

40年前、高校3年生の1968年冬、

全米でも全英でもチャートインしていないスコットランド出身のグループが

遠い日本で31万枚を売上げ、オリコン6位のビッグヒットを記録した。

「恋はみずいろ」の作者アンドレ・ポップの、リズミカルで耳に心地よいナンバー、

「マンチェスターとリヴァプール」。

歌っているのは、女性1人+男性5人の、ピンキーとフェラス。

“ワン・ヒット・ワンダー”一発屋と言われているが

ボクはもう一枚、「スタート・ザ・ミュージック」を持っている。

意外と好きな曲である。

同68年秋、オリコン17週1位、207万枚の超大ヒットを放ったのが

ご存知ピンキーとキラーズ、「恋の季節」。

女性1人+男性4人の5人組。

ボクは、翌年の「涙の季節」の方が好きなのであるが、

故意か偶然か?(偶然に決まってる)リード・ボーカルはピンキー。

だから、携帯電話を国際仕様に買い換える時に

ゲンをかついで、ピンクにしてみた。

img142
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/100-373e6cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック