FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2509

ボクはシングル盤コレクターなのですが、

一口にシングル盤と言っても、いろんなスタイルがあります。

シングル発売のために録音されたもの、アルバムから取り出してシングル化されたもの、

国内盤と輸入盤、輸入盤は正確には外国盤で、さまざまな国のものがあります。

まだまだ、分類しようと思えばいくらでもあるのですが、

その昔には“日本でだけのシングル・カット”なるものが少なからずありました。

レコード会社が流行りそうな曲をシングル発売したり、

ラジオでかけられた曲の反響が大きかったためシングル発売が決まったり、

と、日本でだけのシングル盤が誕生するのであります。

さて、今夜もそんな1枚をピックアップしました。

67年発売、68年にヒットしたMaudsの「ハ・ハ・ハ」。

Maudsでボクがすぐに連想したのは、ジョン・モウズ、

ウォーカー・ブラザーズのジョンの本名です。

でも、ジョンのスペルはMausで、

このMaudsは、シカゴ出身のブルー・アイド・ソウルの5人組、

この名は、スラングのひとつで“モッズ”を意味しているらしい。

「ハ・ハ・ハ」は、オーティス・レディングの作で、アーサー・コンレイのカバー、

外国ではヒットしなかったようですが、なぜか日本ではGSに人気があり、

リンド&リンダースがカバーしている。

リンドのカバーは世に出ている枚数の関係か、なかなか手に入りません。

ですから、今夜はジョン・モウズ(ウォーカー)のソロでお茶を濁します。

彼の歌う「サニー」、カッコいいですよ。

img2510
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1026-cee4bf94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック