FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2612.jpg

61年、“意味不明ソングの女王”森山加代子がカバーした「ズビズビズー」が、

今頃また、アメリカで話題をさらっているらしい。

60年代のニューヨークの広告業界を舞台にしたテレビ・ドラマの

最新シリーズの劇中で歌われたからなのです。

そのTVドラマは、『マッドメン』、

歌ったのはメイン・キャラクターになりつつあるメーガン嬢、

演じるのはカナダの美人女優ジェシカ・パレ。

昨年3月発売のアナログ・シングルを入手しました。

そもそも、「ズビズビズー」は、60年に、

あの大女優ソフィア・ローレンが映画の中で歌ったもの。

オリジナルは、ギリアン・ヒルズというフランスの16歳の少女だという。

『Mad Men』は、

NYで大手広告会社が乱立するMadison Avenueの男たちの意味で、

“広告マン”を指す造語である。

2007年に始まったTVドラマのシリーズで、

最新シリーズはシーズン5。

これまであまり知らなかったけれど、広告マンの端くれとしては俄然見たくなった。

さて、森山加代子、ソフィア・ローレン、ジェシカ・パレを聴き比べる。

森山加代子は、肩の力を抜いてサラリとさわやかに歌っている、

彼女の独特の声がこの曲と本当によくマッチしていると思う。

ソフィア・ローレンも、予想に反して、可愛らしくアイドル・チックな歌声、

「Zoo Be Zoo Be Zoo」、流ちょうな英語で歌っている。

さて、ジェシカ・パレ、

「Zou Bisou Bisou」、フランス語で、

色っぽく艶やかに(いっしょか!)、

現代風のアレンジもすばらしいと思う。

甲乙丙つけがたく、2回ずつ聴いてしまいました。

img2613.jpg img2614.jpg

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1072-2102d48a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック