FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2714.jpg

昨年“桂文枝”を襲名する前の名は、ご存知“桂三枝”。

ボクが高校生の頃、ラジオの深夜放送『歌え!MBSヤングタウン』や、

テレビのバラエティ番組『ヤングおー!おー!』の人気者で、

落語を演っているのなんて見たことがなかった。

その、彼のデビュー・レコードは、69年『ヤンタン』の8月の歌、

タイトルは「夕陽のアンジェロ」。

タイトルのイメージ通り、『夕陽のガンマン』風の曲で、

歌はお世辞にも上手いとは言えないけれど、

バックのダボーズがみごとに関西風カレッジ・フォークに仕上げている。

“アンジェロ”はイタリアの男の子の名前で、確か“天使”の意だと聞いたことがある。

さて、ダボーズの話題。

一週間ほど前、ダボーズのことをブログに書いた途端、

探していた「びっこのもぐらの物語」の正規盤を入手、

このレコード・ジャケットだけのために大枚を叩いてしまいました。

でも、珍しいページもののジャケットで、

ダボーズのメンバーや経歴なとが非常によくわかりました。

D’ABOUS、とフランス風に綴っているけれど、

“ダボ”は、関西の方言でアホ、バカ、マヌケなどの意で、

フランス語のD’ABORDには“初めに帰る”という意味があるのだそうです。

また、高校の同級生によると、

レナウンの「ワンサカ娘」のオリジネイターとのことでしたが、

ボクの持っているCD『レナウン~ワンサカ娘』によると、

たぶん2曲目の67年の関西学院フォークグループというのが彼らのことで、

最初に歌ったのはかまやつさん、64年には弘田三枝子、というのが真相みたいです。

img2715.jpg img2716.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1115-fcc122dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック