FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2720.jpg

ゴールデン・ウィーク後半は、ゴルフも忘れて孫三昧の4日間でした。

孫が帰って急に寂しくなった夜は、超ハッピーなサウンドで・・・。

今月のレコード・コンサートのテーマ、ゲイリー・ルイスとプレイボーイズ、

65年全米2位、3枚目のシングル「君のハートは僕のもの」。

ゲイリーくんの口笛をフィーチャーしたハッピー・ソング、

ほのぼのとした青春賛歌そのもの。

このままハーマンくんが歌ってもヒットしそうだな、って思ってしまいました。

この時代は、ヒット曲を作るために、

アーティストのイメージに合った曲を作るプロの作家や

レコーディングの時のプロのスタジオ・ミュージシャンが、

分業化・専門化されていたというのが通説ですから、

バックの演奏はもちろん、この口笛だって、ゲイリーくんではないのかも。

とにもかくにも、本当に幸せな気分にさせてくれる曲です。

ちなみに、B面「Without A Word Of Warning」は、

お父さんにあやかって「底抜けビックリ」なんて間抜けな邦題をつけられています。

未紹介曲、もう1曲ありました。

66年12月28日にゲイリーくんが徴兵されて以後の曲、

67年6月全米39位、「ガールズ・イン・ラヴ」。

徴兵でグループが失速してしまった後の起死回生策(?)としてリリースされた、

タートルズの「ハッピー・トゥゲザー」の作者コンビの曲で、

ライナーノーツによると、徴兵後新しく録音されたらしい。

でも、やっぱり「君のハートは僕のもの」をもう一度聴いて眠ることにしよう。

img2721.jpg img596
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1117-6409b329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック