FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2734.jpg

ロカビリアン、ジャック・スコットの日本でのヒット曲は、

本来のロカビリーではなく、B面曲のティーン・ポップスでした。

62年、倉光薫がカバー・ヒットさせた「クライ・クライ・クライ」のおかげで、

ジャック・スコットの名前が日本のオールディーズ史に刻まれたのです。

この曲はアメリカではまったく注目されることのなかった一曲、

日米の感性はこんなにも違ったのですね。

ところで、ずっと気づいていませんでしたが、

このジャック・スコットは、あのリンダ・スコットのお兄さん。

姓が同じスコットなのに、なぜ当時はまったく思いもしなかったのでしょう?

日本では“星娘”として有名なリンダ・スコットの国内盤シングルは、

なぜかものすごく高価で万円台なものですから、

ボクは、とりあえず輸入盤で揃えています。

08年9月4日に掲出した「星に語れば」(61年全米3位)をはじめ、

61年全米9位「Don’t Bet Money Honey」、

邦題「かけごとはおよし」や、

61年全米12位「I Don’t Know Why」、

そして、そのそれぞれのB面曲も全米チャート50位以内と、

当時“はずれなし”のアイドルだったのです。

img1462 img2735.jpg img2736.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1124-d0287df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック