FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2769.jpg

前回よりつづく・・・。

前回、フラワーズのことを書いていて、思い出してしまいました。

フラワーズが発展的に解消して、結成されたのがフラワー・トラヴェリン・バンド。

メンバーは、いずれもカルトGSの中で反発心をもっていた男たち、

アイドル志向の楽曲に飽き足らなくなっていた実力派の男たち。

フラワーズからの生き残りは、ドラムスの和田ジョージ、

リード・ギターは、“七色の音を出す男”、ビーバーズから石間ヒデキ、

ベースは、京都出身、タックスマンのリード・ギターだった上月ジュン、

ボーカルは、4・9・1(フォー・ナイン・エース)でくすぶっていたJoe、

城アキラ、後のジョー山中である。

プロデューサーは、内田裕也さんであった。

日本語ロック論争は、確か・・・、裕也さんが・・・、

“ロックは英語でなくっちゃ、日本語はロックに似合わない”

これがきっかけで、ファンを巻き込んだのだった、かな。

ターゲットのひとつは、ロックに日本語をのせた“はっぴいえんど”。

ボクの手元にあるシングル盤で比べれば、

英語派の1枚は、フラワー・トラヴェリン・バンドの「メイク・アップ」で、

日本語派の1枚は、はっぴいえんどの「風をあつめて」。

ボクはナイアガラーですが、一方的に日本語派に付こうというのではない。

当時もこの議論にはまったく興味ありませんでした。

どちらでも、いいものはいいね・・・、と玉虫色の結論で。

img2770.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1140-d32b1ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック