FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2801.jpg

明け方、ラジオの深夜放送を聴いていると

記憶の片隅にある懐かしい歌が流れてくる。

気になる洋楽はいっぱい持っているけれど、

持っていないのは、60年代末から70年代前半にかけての日本のフォーク・ソング。

高校、大学と、あんなに聞いていたのに、あんなに歌っていたのに、

身近すぎて、レコードなんか必要なかったし、

別に欲しいとも思っていなかった。

近年のトレンドは、“所有欲”ではなく“使用欲”だけれど、

最近になって、そんな若い頃よく歌っていた歌のレコードの所有欲がアップして、

中古店で出合う度に買ってしまうという状態。

3ヵ月前、東京の中古店で見つけたのは、キャッスル&ゲイツの「おはなし」。

この曲と親しんでいたのは高校生の頃、

キャッスル&ゲイツは、高知・土佐高校出身のフォーク・トリオで、

その頃は四国との縁はなかったからこのグループ自体に興味なかったけれど、

今となっては、隣県高知出身ということで、急に親しみを覚える。

グループには興味なかったけれど、

メンバーの町田さんと上地さんのことはよく知っていた。

彼らは、キャッスル&ゲイツ解散後の68年、あのズー・ニー・ヴーに加入、

69年4月、「白いサンゴ礁」を大ヒットさせた。

あれ?

この「おはなし」がリリースされたのは69年1月、

調べてみたら、「おはなし」は67年の録音で、解散後にリリースされたというわけ。

このレコードを買ったことで初めて知った事実てす。

あっ、そうそう、もうひとつ書いておかないといけないのは、

ズー・ニー・ヴーの「白いサンゴ礁」はもちろんいいのですが、

ボクはA面の「涙のオルガン」が大好きなのです。

「白いサンゴ礁」、実はB面だったのですよ。

img2802.jpg img2803.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1155-2096a1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック