FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2816.jpg

マンフレッド・マン、

それは、ピアニスト、マンフレッド・ルボウィッツの芸名であり、

彼の率いるバンドのグループ名でもある。

約4年半前に彼らの最大ヒット曲「ドゥ・ワ・ディディ・ディディ」を紹介したけれど、

66年になって、花形ボーカリストだったポール・ジョーンズが脱退し、

新たなボーカリスト、マイク・ダボを迎えて、

そのレパートリーはR&B色が薄れてポップな面が強くなった。

この時期のマンフレッド・マンでボクが持っているのは2枚。

まずは、67年6月全英36位「スイート・ピー」、

ボクの大好きなトミー・ロウの「スイート・ピー」のカバーだというので、

(決して、聖子ちゃんの「赤いスイートピー」が好きだったからではない)

苦労して手に入れたけれど、

なんと珍しい、インストだった。

もう1枚は、日本でもヒットした「マイティー・クイン」、

68年2月全英1位、4月全米10位、

ボブ・ディランのカバーとは思えないような、

見事なハーモニーと親しみやすいポップなイメージに大変身!

当時、これこそが新しいマンフレッド・マンなのだと思った。

B面「ソー・ロング・ダッド」はオリジナルだと思われるが、

ビートルズのノベルティ・ソングを彷彿とさせる愉快なノリノリの一曲、

なかなかの出来なのである。

img726 img2817.jpg img155
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1160-b155e319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック