FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2934.jpg

大学生になって松山に来た時、

商店街を歩いていたら、ある店の店頭で売れ残っていたコートが目についた。

JUNのえび茶色のダッフル・コート。

最近よくあるフード着脱可のものではなく、一枚もののところが気に入った。

それからというもの、冬になると必ず着ていた大のお気に入り。

結婚してからもずっと着ていたのに、いつのまにかなくなってしまった。

あのダッフル・コート、何処へいってしまったのでしょうね?

前回書いた、バンバン(ばんばひろふみさんのこと)のライヴで思い出した。

それは、彼が最近カバーしたという懐かしい曲、

♪~ 四条通りをゆっくりと 君のおもいで残したとこを

   黒いダッフルコート着て 背中丸めて歩いてます ~♪

74年の録音、うめまつりの「北山杉」の一節。

大学時代に奈良に帰省した時、この歌詞のように、

ダッフル・コートのポケットに手を突っ込んで、

物憂げに三条通りを歩いた・・・、思い出。

古いアルバムからダッフル・コートを着た写真を探し出した。

うめまつりは、関西出身の7人のグループで、

ボクのコレクションにはもう1枚あります。

75年の「大原の里」、同じく京都をモチーフにした歌。

秀逸はこのB面、「うめまつりの大学中退講座」。

7人のうち6人が中退組だったといううめまつりの真骨頂、

歌はまるで「受験ブルース」のよう。

ついでに、JUNがジャケット・デザインしたアルバムをアップします、

ハプニングス・フォーの『クラシカル・エレガンス~バロック・アンド・ロール』。

ph26.jpg img2935.jpg img2936.jpg
コメント

私はVANのダッフルでしたが、好きでしたね。すり切れて着れなくなりましたが。
今もダッフルは持っていますが、何となく違うんですよね。やっぱり、昔のものはしっかり作っています。
2013/12/03(火) 22:13:21 | URL | forest #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1214-e446cffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック