FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3023.jpg

68年9月発売の「リッスン・トゥ・ミー」はホリーズにとって記念の曲となった。

アーティストのメッセージや主張を重視しようとしたグラハム・ナッシュは、

ポップであることやバンドのイメージにこだわるヒックスらと対立し、

この曲を最後に、ついにグループを脱退することとなった。

この「リッスン・トゥ・ミー」のオリジネイターはバディ・ホリー、

ホリーの名の複数形をバンド名にしたグループでの

最後の曲が彼のカバーであったとは、

グループのリーダー的存在だったナッシュにとっては何かの因縁、

美しいハーモニーとメロディがなんとなく切なく聞こえるのはボクだけだろうか。

バディ・ホリーの歌う「リッスン・トゥ・ミー」は、58年全英16位、

死後3年経った62年にも再度全英48位のヒットを記録している。

この曲をカバーしたホリーズ盤は68年全英11位と、

順位だけではホリーを凌駕した。

ボクの手元にあるバディ・ホリーの「リッスン・トゥ・ミー」は、

珍しい三角センターの、CORALの72288、58年の初回盤、

音もなかなか、コンティションもグッド。

素朴な味わい、しかもセリフ入り、ホリーらしい1枚、自慢のコレクションです。

img3024.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1252-b3c5a4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック