FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3076.jpg

Boogie Woogieは、アメリカ南部のブルースの演奏スタイルなのに、

“ブギ・ウギの女王”って言えば、笠置シヅ子さんの代名詞である。

今夜テレビで『ものまね紅白歌合戦』を観ていて、

ミラクルひかるが演っていた笠置シヅ子さんの「東京ブギウギ」を思い出した。

ボクのふるさと柳生から奈良に出る時、約4キロの道のりを下り、

最寄りの国鉄笠置駅から汽車に乗っていたから、

笠置という言葉には特別の思いがあった。

だから、笠置シヅ子さんって名前は特別記憶に残る名前だった。

ちなみに、笠置という地名は南北朝時代に後醍醐天皇が吉野に下る時、

この地に笠を置き忘れたことに発祥する、と聞いたことがある。

さて、「東京ブギウギ」は47年、B面の「買物ブギー」は50年の発売、

このシングル盤は55年吹込みの原盤を使用して72年に発売されたもの。

「東京ブギウギ」は服部良一さん作曲の昭和の歌謡曲なのに、

ジャズにも似たこの洋楽らしさ、この新しさに感動すら覚える。

「買物ブギー」は一転、洋楽のノベルティ・ソングにも似て、

3分14秒にこんなに多くの言葉を入れるか!というおしゃれさ。

まるで関西版『サザエさん』のごとき楽しさである。

あらためてレコードに針を落としたけれど、

いやぁ、すごいですね、“わて、ほんまによう言わんわ”。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1274-60982a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック