FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3106.jpg

ちょっと昔のお嬢様たちのアイドル、ボビー・シャーマンの日本からの帰国第一弾、

“ボビーが日本での想い出を歌う”と銘打った、71年1月の「想い出のヨコハマ」。

歌詞の中に、♪~In the YOKOHAMA City Times~♪なんてあるから、

来日の際の横浜の想い出を歌ったものに違いない、と思っていた、最近までは。

実はこの曲、日本のみのシングル・カットで、

来日する前に録音されていた、らしい。

しかも、原題は「Oklahama City Times」だというから驚きである。

この日本盤、ジャケットの英文表記も、歌詞カードも、

レコード・センターのタイトル表記までも、すべてYOKOHAMAなのだから、

よっぽどのボビー・ファンでなければわかるわけはない。

第一、歌そのものも、何回聴いてもYOKOHAMAと聴こえる。

果たして、レコード会社の意図的な戦略なのか、

単なる間違いなのか・・・、そんなわけはないネ。

軽快で明るい、“アイドル”ボビー・シャーマンらしい曲ですよ。

さて、“ボビー”で“ヨコハマ”とくると、

ボクの頭に浮かんだもう1曲がある。

「ボビーに首ったけ」をカバー・ヒットさせたスーザン・モーンのデビュー・シングル、

61年の「Blue Night In Yokohama」=「ブルー・ナイト・ヨコハマ」。

いしだあゆみさんのは、69年の「ブルー・ライト・ヨコハマ」。

横浜の中華街の雰囲気を感じさせるエキゾチックな曲。

ボクは、A面の陽気なツイスト・ナンバー「ママはツイストが好き」が好き。

ちょっとレアな1枚なのです。

img3107.jpg img3108.jpg img3109.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1289-0d9ce40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック