FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3114.jpg

わが町松山では、夏目漱石が“マッチ箱のような汽車”と書いた汽車が、

復元されて2001年から市内電車として運行されている。

But、ボクはこの“坊ちゃん列車”に一度も乗ったことがなかった。

これこそまさに、紺屋の白袴。

そして、つい先日、松山に来られたゲストの方をおもてなしするために、

いつも見慣れたこのディーゼル機関車に乗ることができた。

なかなか感動的な体験、

このことを書きたくて、関連するレコードを探したものの、あるわけもなし。

というわけで、引っ張り出したのは、

「アー・ユー・ロンサム・トゥナイト?」=「紺屋はひとりかい?」???

1926年に作られ多くの人にカバーされたこの曲、

プレスリーでおなじみのこの曲ですが、

紺屋は、イヤ、今夜は、74年全米14位、ダニー・オズモンドでお届けします。

かなり苦しい選曲でしたが、今夜はこれでお許しを・・・。

これで紺屋のボクは、ようやく袴の片方の足を染めることができましたが、

もうひとつ、44年間も松山に暮らしていながら、

一度も道後温泉本館に入ったことがない、という袴の片方も、

もうそろそろ染め上げなければ、と決心したのでありました。

P.S. 書き終わった途端、もう1枚、それらしいレコードに気づきました。

     68年、舟木一夫さんが歌う「オレは坊ちゃん」、

     まだ聴いたことはありませんでしたが。

ph28.jpg img3115.jpg
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/10(火) 22:49:54 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1292-ff8d8137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック