FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3156.jpg

今月の初め、PYGのことを書いた時に思い出したバンドがあります。

それは、PYGの弟バンドと言われていたグループ、ロック・パイロット。

このバンドの曲、ボクは結構好きだったのです。

なぜなら、彼らはニュー・ロックを気取っていたけれど、

少し前に消えてしまったGSの生き残りが如き趣。

そのデビュー曲は、「ひとりぼっちの出発」。

71年1月25日、ジュリーがPYGに参加する一週間前にリリースされました。

なぜここでジュリーが登場するのかというと、

この曲、作詞は安井かずみ、作曲は沢田研二、編曲は井上堯之という代物。

B面の「ゆりになった少年」も、作詞は安井かずみ、作・編曲はかまやつひろし、と、

後ろ髪ひかれるGSといった塩梅なのです。

彼らのシングル、もう1枚、どうしても欲しくて、ようやく手に入れたものがあります。

4枚目にして最後のシングル、71年12月の「レマンのほとり」。

作詞は片桐和子、作曲は加瀬邦彦、なのですが、

ボクがどうしても欲しかったのはこのB面、

作詞・安井かずみ、作曲・かまやつひろしの「おんぼろ車でぶっとばせ!」。

どこから聴いても、スパイダースのノベルティ・ソング・タッチで、

かまやつさんらしい1曲です。

ボクが手に入れたのは、あいにく見本盤で、

レコード・ジャケットが付いていなかったので、画像を探し出してアップしました。

このジャケット写真、ちょっと変だと思いませんか?

脱退したメンバーの顔を塗りつぶしたのでしょうか・・・。

img3158.jpg img3157.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1310-3fc6d24a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック