FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3181.jpg

ずっーと、ずっーと欠かさずに聴いていた『サンデー・ソングブック』でしたが、

ここしばらくはご無沙汰していました。

ですが、ここ2週は久しぶりに聴けることとなり、

日曜午後2時、FMにチューニング、すると“夫婦放談”でした。

竹内まりやがデビューした当時は、

後にこんなにすごいシンガー・ソングライター・専業主婦になるとは夢にも・・・。

タツローの奥様になるなんてことも・・・。

ボクの中ではアイドル枠の歌手で、

コレクション棚には、天地真理、アグネス・チャン、松田聖子、渡辺満里奈と並んで、

シングル・レコードが集約されています。

デビューは78年11月、紹介済みの「戻っておいで・私の時間」。

時系列で・・・、と思ったのですが、

やっぱり9月ですから、3枚目79年8月の「セプテンバー」から。

松本隆・林哲司、コーラスはEPOですが、

B面「涙のワンサイデッド・ラヴ」は、詞も曲も自作で、アレンジとコーラスは山下達郎。

翻って、79年2月2曲目は「ドリーム・オブ・ユー」、竜真知子・加藤和彦。

B面「すてきなヒットソング」はやっぱり作詞・作曲は竹内まりや。

4枚目、紹介済みの「不思議なピーチパイ」を挟んで、

5枚目は80年7月の「二人のバカンス」、竹内まりや作詞、作・編曲は林哲司。

B面はやっぱりまりや作詞・作曲でした。

6枚目は80年12月「スウィーテスト・ミュージック」、

LA録音、全部英詩という大変化球、B面「モーニング・グローリー」は山下達郎。

ふたりが結婚するまではまだ少しの年月が必要でした。

続きは近々。

img3182.jpg img3183.jpg img3184.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1322-f397d1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック