FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3197.jpg

ちょっぴり暇なお休みの日には、妙に聴きたくなるアルバムがある。

『フォークル大百科事典』、

収録の14曲でフォークルの歴史がわかる、かどうかはあやしいものだけれど、

平和だった高校時代に浸れる。

フォーク・クルセダーズは、

おなじみの加藤、北山に加えて、平沼、芦田の4人でスタート、

芦田がヨーロッパ無銭旅行のために抜け、その解散コーサートで世に出た。

残った平沼はデビューすることを拒否したため、

端田を加えて、期限付きのプロ・デビューとなったのである。

このLPでは、芦田の歌声や平沼のピアノも聴くことができる。

さて、A面7曲目「フォークル節」の歌詞はこのLPのライナーノーツにはない。

また、歌詞の最後は、♪~ゲゲゲの鬼太郎 ご登場~♪なのに、

ここで終わっている。

そこで、コンパクト盤EPの登場となる。

「フォークル・ハレンチ口上~フォークル節」から「ゲ・ゲ・ゲの鬼太郎」へ。

歌舞伎の口上から始まり、「ラ・バンバ」や番場の忠太郎の寸劇、

マンガ・トリオの漫才のコントを挟んでの「フォークル節」、作詞は永六輔さん。

語ればまだまだ長くなりそうなので、今夜はこの辺で。

ついでに、フォークルのコンパクト盤をもう1枚楽しみました。

LP68.jpg img3198.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1327-6b25a619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック