FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3245.jpg

大好きなグループ、カスケーズ、

ボクのアイドル、ジョン・ガモー脱退後のカスケーズを支えたのはゲイブ・ラパーノ。

彼がボーカルを担った、ボクがそんなに好きでもないカスケーズは、

69年を最後に消滅しました。

そして、71年、ラパーノはケンタッキー・エクスプレスとしてシングル・カットしたのは、

「ガール・フロム・ザ・カントリー」。

本当にラパーノがやりたかったのはこんな曲だったのだ、

と確信できるように溌剌と歌っています。

美しいハーモニーをもったオールド・カントリー・ロック、

カスケーズよりこのグループこそがラパーノの代表作と言えるのでは・・・。

タツローさんのように、カスケーズ・コンプリートというわけにはゆきませんが、

69年、前に紹介した「インディアン・リバー」の前にリリースされた、

ラパーノのカスケーズのおもしろい1枚を最近ゲットしました。

「Maybe The Rain Will Fall」、邦題は「雨に祈りを」。

この曲、「悲しき雨音」のヒットをもう一度!との意図か、

タイトルだけではなく、雷と雨のSEから始まるのです。

やっばり「悲しき雨音」とはまいりませんでしたが、

みごと全米61位のヒットとなりました。

さて、“カスケーズ、その後”、大好きなガモーの話は来月のお楽しみ・・・。

img3246.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1351-eb681401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック