FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3257.jpg

昨年12月に始めたクリスマス・ソング特集。

まだ少し残っていますから、今年も続けることにしました。

今年の手始めは、イタリア系シンガーのヴィニ・モンテ、

決して“みのもんた”ではありません。

64年の「ヘイ・ルック・アット・ザ・ウィンター・スノウ」。

作者のクレジットVincent Montenegroは彼の本名。

この傷だらけの1枚、聴いてビックリ、ええっ、またかよ~って感じ、

ディオンの「悲しい恋の物語(浮気なスー)」そっくり。

アレンジャーはチャリー・カレロ、

彼がアレンジャーとして関わったアーティストは、

フォー・シーズンズ、ルー・クリスティ、ニール・ダイヤモンド、ダイアン・リネイ・・・、

と、ボクの大好きなアーティストばかりなのですから、

これが悪かろうはずはありません、ステキなクリスマス・ソングです。

さて、もう1枚も64年の作品です。

前年にレインドロップスのカバーでデビューしたオーキッズのクリスマス・ソング、

「クリスマス・イズ・ザ・タイム・トゥ・ビー・ウィズ・ユア・ベイビー」。

マイナーではありますが、フィレス系のガールズ・グループなのですから、

これまた、悪かろうはずはありません。

64年、ヒット・チャートにイギリスの嵐がやってこなければ、

きっと、もう少しは注目されていたかもしれないクリスマス・ソングだと思います。

img3258.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1355-b8c007d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック