FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3365.jpg

前回、ジョンとスコットの「太陽と踊ろう」を紹介しましたが、

今夜は、スコット・エンゲル名義で67年にリリースされたソロ作品、

62年の「恋の太陽」です。

ウォーカーズが日本でブレイクするきっかけになった曲、

「In My Room」は邦題「孤独の太陽」。

彼ら最大のヒット曲「The Sun Ain’t Gonna Shine Any More」は、

「太陽はもう輝かない」・・・、あっこれはそのままだからいいか!

ロネッツのカバー「Everything Under The Sun」は「ふたりの太陽」、

これもまあ許す!

前回紹介した「I Only Came To Dance With You」が「太陽と踊ろう」。

そして、今回の「恋の太陽」、原題は「Anything Will Do」。

日本の関係者は彼らの曲に邦題を付ける時、

“太陽”さえ付けとけばヒットするぜ・・・、なんて安易な気持ちだったのか?

スコットは、少しストイックでおとなしいインテリっぽいイメージに感じるから、

ちょっとギャップがある気がする。

ボクは、彼には「月に消えた恋」が最も似合うと思う。

ついでに、まだ着たことがないスコットTシャツもどうぞ。

img1071 img1503 ts24.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1407-6aa0b846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック