FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3373.jpg

カルトGSシリーズ、まだまだあります。

別のタイトルを付けるなら、さしづめ“最短と最長”って、そんなふたつのグループ。

67年4月レコード・デビュー、ブラック・ストーンズ「ヘイ・ミスター・ブルーバード」。

まだまだこれからGSブームが隆盛を極めようかという67年夏にはもう解散していた、

レコード・デビューから“最短”で解散したGSなのである。

この「ヘイ・ミスター・ブルーバード」、

軽快なギターといい、そのコーラスといい、なかなかのものなのだけれど、

ボクは、B面の「誰よりも君が好き」がお気に入り!

テンプターズやオックスが歌えば、きっと大ヒットしていたと思う。

このブラック・ストーンズ、デビュー前は黛ジュンのバック・バンドであった。

「恋のハレルヤ」やB面の「つみな人」でバックを務めていた。

最短で解散したこのグループのドラムとベースが残って結成したのが、

67年11月デビューのシェリーズ、「想い出のシェリー」。

ものすごく感動的な情景を作り上げようとした作品ながら、

その笑えるドラマ仕立てが、新喜劇を彷彿とさせる大好きな1曲。

シェリーズは、デビュー前のキャンペーンで長時間演奏記録に挑戦、

32時間1分9秒という“最長”記録を打ち立てた。

にもかかわらず、68年春にはもう解散していた、という、

愛すべき、心からの“カルトGS”であった。

img1840 img3374.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1412-bbb06d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック