FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3401.jpg

以前、ダニエル・ビダルの日本語バージョンのことを書きましたが、

その時温存した決定版はこの1枚です。

71年9月に発売された「オー・シャンゼリゼ(日本語盤)」。

2ヵ月前にリリースされたフランス語盤を早々にリメイクしたもので、

この日本語はもう完璧です。

♪~ 町を歩く 心軽く

    誰かに会える この道で

    ステキなあなたに 声をかけて

    こんにちは わたしと行きましょう ~♪

パリに行ったことはありませんが、

この歌を聴いていると、歌いながらシャンゼリゼ通りを闊歩している気分、

たぶん、パリを訪れた日本人の多くは、

この歌を口ずさみながら通りをウキウキと歩いたことでしょう。

それほど有名で、スタンダード・ナンバーになった感さえありますが、

彼女のこの日本語バージョンのシングルはあまり市場に出ません。

結構なレア盤なのです。

日本語詩はK.Yasuiとありますから、名手安井かずみさんなのでしょう。

さて、大学生の頃フランス語を専攻していたボクは、

このタイトル、「LES CHAMPS-ELYSEES」を調べたことがあります。

ボクの持っている仏日辞典には“極楽浄土”との訳になっていました。

だからどうした?ってわけではありませんが、

そんなことを思い出してしまいました。

ついでに、フランス語盤のB面曲は「ある愛の詩」、

先日100円で手に入れたフランシス・レイのオリジナル・サントラ盤も

この際だからアップすることにしました。

img3402.jpg img3403.jpg
コメント
ダニエルビダル
この曲が流行っていた頃、椿祭りに久米から歩いて行く時に、南海放送から聞こえてきた記憶があります。遠い冬の日の 思い出です。
2015/08/01(土) 10:06:01 | URL | 久米おやじ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1424-569fe9ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック