FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3422.jpg

来月のレコード・コンサートのテーマは“月”に因んだ曲。

レコードをピックアップしていてリストした中の1曲、

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「バッド・ムーン・ライジング」。

CCRといえば、チャートで1位になれなかったシルバー・コレクター。

この「バッド・ムーン・ライジング」も69年6月全米2位、

ヘンリー・マンシーニの「ロミオとジュリエット」に阻まれた。

70年3月の「トラベリン・バンド」も、「明日に架ける橋」に阻まれた。

ケチの付き始めは69年3月、既出の「プラウド・メアリー」、

スライの「エヴリデイ・ピープル」に頭をふさがれ、

その冠が外れたと思いきや、

4位からジャンプアップしたトミー・ロウ「デイジー」に、

2週連続して頭を押さえられた。

言うまでもなく、チャートの順位は曲の絶対的評価ではない、

その週の相対的評価なのですから、これはもう不運というしかない。

しかし、ナンバー1ソングになったという勲章は付いて回るのだから、

これもまた無視することもできない。

ポップス派のボクではありますが、CCRは好きなグループのひとつ、

チャート・デビューの68年11位「スージー・Q」や

同年58位「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」を含むコンパクト盤も、

愛聴盤だった1枚です。

img3423.jpg img3424.jpg img2155
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1434-b530a493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック