FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3452.jpg

このグループをGSの範疇に入れていいのか?

GSの影がすっかり消えてしまった時期のデビューだし、

何よりも黒沢進さんの『GS図鑑』にも、

もっと詳しい『日本のロック紀GS編』にも載っていない。

でも、曲そのものは“さわやかGS”に聞こえるのです。

それもそのはず、

「ドアをあけて」のリリーズの生き残りメンバーに、

「マイラブ・マイラブ」のヤンガーズのメンバーと、

女性ボーカル九条まさこを加えて誕生したのですから、

カルトGSの極みとも言えるのではないでしょうか。

ラブストーリー、76年の「ノアの円盤」。

フォークでもなく、ニューロックでもなく、リズム歌謡でもない、

やっぱり季節はずれのカルトGSだと思う。

そしてB面、あの「さすらいのギター」のカバーなのですが、

小山ルミのそれとは違う、さわやかですっきりした味わい、

ボクは好きです。

「さすらいのギター」についてはまたの機会に書くことにします。

book32.jpg book33.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1446-dbbe4c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック