FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3526.jpg

最近のボクは久しぶりにキャロル・キング・インフルエンザに感染中!

17歳、若かりし日彼女は歌手としてデビューした。

曲も書けるシンガー、当時人気のポール・アンカの女性版としてのスタンス。

デビューから3枚のシングルは喉から手が出ているのですが、

なかなか市場に出て来ない。

4枚目がずっと前に紹介したかの有名な「おお!ニール」。

5枚目は大好きな1枚「泣きたい気持」(これまた紹介済み)。

ボクの持っている原盤は正確には6枚目、ディメンションからの再発。

そして、今夜引っ張り出したのは7枚目のシングル、

62年20歳の時の「スクール・ベルズ・アー・リンギング」。

作詞作曲はもちろんキング&ゴフィン、

タイトルから想像できるように、無邪気なガール・ポップである。

ガール・ポップといえば、

キング&ゴフィンは同じ62年に

シェリー・フェブレーにとてもキュートなナンバーを提供している。

「ジョニー・エンジェル」を含むファースト・アルバムの中の一曲、

タイトルは「ファニー・フェイス」。

長年かかって、ようやくシングル盤を探し当てた。

ベルギーの中古店からの出品、

「ジョニー・ラヴズ・ミー」との特別カップリング盤である。

キング&ゴフィン、こんな若かりし日の作品が大好きだ。

img169 img195 img3527.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1483-df1e48aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック