FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3546.jpg

先日、ジョー・コスタの「恋のバルキー・セーター」のことを書いた時、

突然に思い出した1枚がある。

「恋のバルキー・セーター」はとても魅力的なティーン・ポップなのですが、

その思い出した曲は、愛らしいガール・ポップ。

持っていたはずなのに、ガール・ポップの整理棚に見当たらない。

そういえば、長い間お目にかかった記憶もない。

未整理のレコード群をひっくりかえしたり、

アイドル・コレクションの中に紛れていないかチェックしたり・・・、

そして、ようやく見つけました。

キャピトル盤だったので、サーフィンのコーナーに埋もれていました。

その1枚は、

アン・ジドニー嬢の「The Boy In The Wooly Sweater」。

こちらは「羊毛のセーターを着た男の子」。

このアン・シドニーなる女性は、64年のミス・ワールドのイギリス代表。

そして、見事ミス・ワールドに輝いた女性なのです。

この曲をリリースした経緯はよくわかりませんが、

リリースは65年ですから・・・、想像できますよね。

決して上手というわけではないのですが。

曲は上質のガール・ポップだし、声や歌い方も魅力的、

久しぶりに聴いたこの曲で、

ボクの脳裏に浮かんだのは、

アクネス・ラムの「雨あがりのダウンタウン」。

どこか通じるところがあるイメージなのです。

独断と偏見、お許しあれ。

img291
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1493-adc97268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック