FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3618.jpg

今月のレコード・コンサートでサーチャーズの「ピンと針」をかけた時、

このイントロ、よく似た曲があったぞ!なんて、思い出してしまいました。

バーズ、ってことは思い出したのですが、

はてさて、何という曲だったのか?

はたまた、どっちが先だったのか?

早速、ボクのコレクションの中から、

バーズのレコードを聴いてみた。

ボクはバーズ初期のファンですから、

彼らのレパートリーをいっぱい持っているわけではありません。

超有名な「ミスター・タンブリン・マン」と「ターン・ターン・ターン」は除外、

そのふたつに挟まれたヒット曲、「オール・アイ・リアリー・ウォント」は?

違うね!

そのカップリング、実はA面、「I’ll Feel A Whole Lot Better」、

コレだ!

このレコードは65年6月のリリース、

メンバーのジーン・クラークの作品、全米103位だったようです。

もちろん、「ピンと針」は63年12月のリリースですから、

バーズのメンバーはサーチャーズのことを知っていたのでしょうか?

「I’ll Feel A Whole Lot Better」、

この邦題同様、あぁこれで「すっきりしたぜ」。

ついでですから、サーチャーズの国内盤を2枚アップします。

「Needles And Pins」、

最初に付けられた邦題は「ピンと釘(くぎ)」、

そして、「ピンと針」として有名になったからか、

その後にB面として密かにリリースされた「ピンと針」。

釘って、英語ではNailだから、

Needleを釘って訳した奴、なぜ?責任者出てこい!

本当に出てきたらどうするんや?

あやまったらエエやん。

img213 img1525
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1532-1f927211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック