FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3677.jpg

ここ2週間ばかり多忙と心労を極め、心に余裕のない季節でした。

まだ多忙は続きそうですが、昨夜東京から帰宅し一段落です。

朝早く目覚め、好きなレコードをかけたくなったので、聴きながらのパソコン。

もう何年か前のことですが、偶然耳にした曲の虜になり、

曲名も歌っている人も分からず、どうやって探すんだ?

男性の低音のナンセンス・シラブルと女性のポップな掛け合い、

古くもあり、新しくもあり、ドゥワップと呼ぶにはポップで、

ガールズ・ポップスと呼ぶにはそんなに若々しくもなく・・・。

そんなことを思いながらのある日、“キャロル買い”した1枚が大ビンゴ!

それが、キャロル・ヒューズの「The Bass」。

ネット情報を駆使して彼女の情報を探したけれど、正体不明、

けど、シングル・ディスコグラフィを見つけた。

56年から62年にかけて、6つのレーベルから13枚リリースの情報。

「The Bass」は58年11月リリースの5枚目のシングルらしいので、

もう1枚だけ“タイトル買い”で落札することに。

2枚目のシングル、57年4月の「My Big Brother’s Friend」。

マーキュリー・レーベルは剥がれているが音は良好、

50年代後半らしい女性のバラード、「The Bass」とは趣が違う。

本当に同じキャロルなのか?

こんなに細かなシングル情報はあるのに、人物情報はなし、

正体不明ではありますが、

「The Bass」はボクのベスト・アイテムのひとつです。

先日アメリカから送られてきた「お兄ちゃんの友だち」、

その梱包の片隅にあったちょっとしたイラストにも心癒され、

少し心穏やかな土曜日の朝です。

img3747b.jpg ph62b.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1609-a008ca2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック