FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3756.jpg

我が青春の舟木一夫コレクションも、

中学3年生から高校1年生への時代。

まずは、よく歌った「友を送る歌」、中学卒業間もない66年4月。

♪~ きぃみは別れてゆく 風の中

    きぃみは別れてゆく 遠い道

    うっしろ姿に ただ祈るぅ

    ゆぅめを育てた 青春の日を

    忘れてくれぇるな いつまでも ~♪

そして、さかのぼること半年前の「高原のお嬢さん」。

♪~ あの人に逢いたい たまらなく逢いたい 

    高原に ~♪

この“高原に~”が高くて苦しい・・・、高原だけに高くて、ネ。

66年1月のリリースは「山のかなたに」、

♪~ 若さみなぎる 眉あげて

    仰ぐわれらの あさぼらけ ~♪

テレビドラマの主題歌だったから、口について離れなかった。

66年6月、ビートルズの来日前のリリースは、

夏に向けての舟木一夫さんには珍しいリズム歌謡、「太陽にヤァ!」。

頑張っているんだけど、なんとなく違和感、彼に海は似合わない。

高校時代からは洋楽かぶれが進行し、

次第に舟木一夫さんから離れてゆくことになるのでした。

img3757.jpg img3758.jpg img3759.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1613-2e938991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック