FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3896.jpg

曲を作り、自ら歌うジョンとポールの陰に隠れて、

黙々とリード・ギターを弾く最年少のジョージは、

“静かなるビートルズ”と言われた。

ビートルズの時代、彼が作り歌った「タックスマン」や「サムシング」、

「マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」も大好きだった。

解散後、ソロとして最も早く№1ヒットを出したのはジョージだった。

70年の年末の№1「マイ・スウィート・ロード」については既に書いた。

そして、71年2月にバングラ・デシュのチャリティ・コンサートを収録した

3枚組のアルバムが発売されて以来2年間の沈黙の後、

73年6月、「ギヴ・ミー・ラヴ」で2曲目の№1ヒットを出した。

ボクの持っている『The Concert For Bangla Desh』は、

地元のディレクター氏からのDJ落ち、Not For Sale。

リンゴ、ディラン、クラプトン、ラッセル、プレストン、バッドフィンガー、

そして、ラヴィ・シャンカールとハリソンの超豪華メンバー、

なかなか楽しみがいのある1枚(正しくは3枚)である。

この後、彼は3枚目の№1ヒットを出すが、

その「セット・オン・ユー」については数日前に書いた。

“静かなるビートルズ”、なかなかやるもんだ!

img598 img494 LP85.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1693-9a84fca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック