FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3972.jpg

60年代、坂本九ちゃんや弘田三枝子さんたちが、

洋楽に日本語の歌詞をのせてカバーして一世を風靡した、

フランスにもそんな時代があったことは何回も書きましたね。

シルヴィ・バルタンやフランス・ギャルも、

日本でこそオリジナル曲で有名だけれど、

彼女たちにもそんなレコードがいっぱいある。

普通はフランス語のタイトルを見たら原曲がわかりますよね、

でも、今夜紹介するのはまったくかけ離れた1曲。

64年、「la cloche」=「ラ・クロッシュ」、

日本語に翻訳すると、鐘、ベルの意。

ギャルの独特の声で軽快に歌う、ボクの大好きなカバーである。

果たして、その原曲は?

日本で「夢みるビートルズ」をヒットさせたドナ・リンの、

アメリカでの唯一のチャート曲、64年全米83位の、

「ビートルズ・カットのボーイ・フレンド」なのです。

日本盤では「夢みるビートルズ」のB面に甘んじていましたね。

「My Boyfriend Got A Beatles Haircut」、

これがなぜ?「La Cloche」=「ベル」なのか?

そして、こんなマイナーなヒット曲をカバーするなんて、

ムムッ、お主やるな!って感じです。

それにしても、まるで自分のオリジナルのように、

ゴキゲンに歌うフランス・ギャル、とてもステキです。

img128
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1735-98708136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック