FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img3997.jpg

今日、猫の絵本の製作打ち合わせをしていて、

もう一度ロサンジェルスに行きたいね、今度はレコード漁りに、

なんて話してしまって、

その帰り道、まだ未掲出だったシングルのことを思い出した。

なぜかロスではなくてニューヨークのこと、

2007年12月、ニューヨークから帰ってきた時にブログに書いたのは、

マンハッタン・トランスファーの「ボーイ・フロム・N.Y.City」。

その時に、“オリジナルは62年アドリブス”だって書いたのに、

まだ紹介していなかったのじゃなかったかな?

その上、このレコードのレーベルはブルー・キャットなんだから、

なんたる偶然!ってわけで、

密かにひとりで盛り上がってしまいました。

訂正、正確には64年にリリース、65年全米8位、

マンハッタン・トランスファーは81年全米7位。

邦題は「ニューヨークの少年」。

「ニューヨークの少年」と言えば、

70年にサイモンとガーファンクルもリリースしている、

全米4位「いとしのセシリア」のB面。

こちらの原題は「The Only Living Boy In New York」。

ニューヨークから来た少年と、

ニューヨークでたったひとりで生きている少年、

だいぶ違うけれど、邦題になると「ニューヨークの少年」。

まぁいいかっ!

img106 img3998.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1748-0c41033b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック