FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4046.jpg

今月のレコード・コンサートのテーマは“ジャニーズとその時代”。

ボクにとってのジャニーズは、最近のアイドル・チームたちではなく、

いわゆる“初代ジャニーズ”。

ジャニー喜多川さんが監督をしていた少年野球チームから始まった、

14~16歳の、真家ひろみ、飯野おさみ、青井輝彦、中谷良の、

歌って踊れる4人組で、62年に結成。

ボクにとっての彼らは、洋楽を日本語でカバーするグループ。

しかし、レコードはオリジナルがほとんど。

ボクの最も好きな歌は、66年4月の「泣いていたジェニー」、

B面の「涙くんさよなら」(九ちゃんやティロットソンのカバー)とともにハマクラ作品。

他のいくつかは紹介済みですが、未紹介のレコードたちを網羅します。

65年10月の「栄光のマーチ」と「ぼくの瞳に君がいる」。

66年10月の青井輝彦「時計をとめて」と、「淋しさはどこから」。

67年9月の「いつか何処かで」と、中谷良の「素敵な恋人」。

彼らはJohnnysで、いま頃のジャニーズはJohnny’s、

この区別は絶対に必要なのだとボクは主張する。

img4047.jpg img4048.jpg img4049.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1774-c64c5c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック