FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4066.jpg

以前、初代ジャニーズのアメリカ録音盤のことを書きましたが、

そのシングルを探していた中で、

ジャニーズ二代目、フォーリーブスのアメリカ録音盤に出合いました。

華麗なバック転で魅せる北公次、マグマ大使の江木俊夫、

MCに長けたおりも政夫、歌唱力のある青山孝。

彼らは、71年に渡米し、2枚のシングルを録音した。

しかし、この2枚とも、非売品プロモーション盤として世に出た。

ボクが好きなのは2枚目、72年に発表した英語版、

「Don’t Let The Sun Catch You Crying」、

ジェリーとペイスメーカーズの64年「太陽は涙が嫌い」のカバー。

これがなかなかいい!

青山孝と思われる哀愁のリード・ボーカルと、

オリジナルにない♪~Cryin’ Cryin’~♪のコーラス・リフレイン。

ペイスメーカーズよりポップに仕上がっている。

もう1枚は、71年発表の「Season Of The Sun」、

こちらは日本語による録音、オリジナル「夏の誘惑」。

急遽、日本発売のシングルを購入して聴き比べ。

歌そのものより、ちょっとヘンなことが・・・。

日本盤によると、「夏の誘惑」の英語表記は、

「Sun-Burst Summer」で、

B面の「太陽の季節」の英語表記が「Season Of The Sun」。

しかし、アメリカ録音の「Season Of The Sun」は、

まぎれもなく「夏の誘惑」である。

なぜこんなことになっているのか、???、

いろいろ考えると、夜も眠れなくなるのです。

img249 img4067.jpg img4068.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1782-29349f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック