FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4081.jpg

遅くなりましたが、

月1回恒例のレコード・コンサートは今月から10年目に突入。

5月のテーマは“恋する”洋楽。

邦題に“恋する”が付いている洋楽をかけようというわけ。

まだ紹介していなかった“恋するソング”の1枚は、

68年全米59位、ファウンデイションズの「恋するベイビー」。

原題は「Back On My Feet Again」、

なのに、なぜ「恋するベイビー」?

ファウンデイションズは、67年にロンドンで結成された9人組、

英国人、ジャマイカ人、セイロン人、トリニダード人等の多国籍グループ、

本来はR&Bソウルバンドなのですが、

デビューの、68年全米11位「星のベイビー」、

原題「Baby Now That I’ve Found You」は、

ポップ・ロック・スタイルで67年に全英№1のヒットを記録。

ボクはこの日本発売のシングル盤が欲しくて、

ずっと探し続けているのですが、まだ手に入らず。

欲しくてたまらない理由は、レコード・ジャケットのデザインのすばらしさ、

ネットで探してちょっとアップしてみました。

とりあえず輸入盤を手に入れたのですが、

その後に“柳の下のどじょう”で邦題を「恋するベイビー」とした

このレコードのB面はその「星のベイビー」だったというオチ。

そして、68年全英2位、69年全米3位の「恋の乾草」も、

ついで買いしてしまいましたが、もうちょっと趣が変化していました。

なにはともあれ、「星のベイビー」の邦盤、

いまも引き続き探し続けています。

img4082a.jpg img4082b.jpg img4083.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1791-24a5a743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック