FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4105.jpg

ホンの数日前にブログに取り上げたら、

フラッと立ち寄った東京の中古店で探していた待望の国内盤発見、

少し高かったのですが、ああ、買ってしまいました。

64年全米8位、ジャン&ディーンの「危険なカーヴ」。

ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンとジャンの共作で、

深夜のスチングレイとジャガーのカーレースを歌ったもの。

この「デッド・マンズ・カーヴ」の舞台にほど近い場所で、

このヒットから2年後の4月12日、ジャンは自動車事故を起こしてしまう。

この頃はそんなことなんて知る由もなかったけれど、

ずっと後になって、ある日テレビで『夢のサーフシティー』という映画を見た。

ジャンとディーンの結成からこの事故を経てカムバックするまでの物語。

マイク・ラブ(特別出演)が紹介してステージにふたりが登場する。

口パクで「サーフ・シティ」を歌い出したものの、

テープの不調で口パクがばれて、会場は大ブーイング・・・。

その時ジャンはたどたどしく歌い始め、ついには自分の力で歌い出す。

ここでエンドロールが流れる、というエンディングを憶えている。

この青春映画は78年作品、そのLPを買ってきた。

邦題は『夢のサーフシティー』だけれど、

原題は『Dead Man’s Curve』、

まさにこの曲は彼らの伝記そのものなのである。

LP91.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1804-ce1d5813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック