FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4147.jpg

竹内まりやさんがひとりのアイドルに提供した曲の多さでは、

彼女、岡田有希子が最多である。

彼女がその短い人生の中で、

リリースしたシングルはわずか8枚。

そのうち、A面の作詞作曲楽曲は4曲、

今夜はその4枚のシングル盤を紹介しましょう。

まず、デビュー曲から3曲は、いわゆる“学園恋愛三部作”、

デビュー曲は、84年4月の「ファースト・デイト」、オリコン20位。

2曲目は、84年7月、「リトル・プリンセス」、オリコン14位。

3曲目はボクが最も大好きな「恋、はじめまして」、84年9月、

オリコン7位、グリコのセシルチョコレートのCMソング。

♪~ ママの選ぶドレスは 似合わない年頃よ

    いつまでも子供だと思わないでおいてね ~♪

竹内まりやの世界である。

もちろんセルフカバーしていますね。

そして、B面の「気まぐれTeenage Love」も彼女の作品。

そして、6枚目、85年7月に「哀しい予感」で再登板、オリコン7位。

B面の「恋人たちのカレンダー」も彼女の作品だった。

今日紹介しただけでも6曲、

竹内まりやが彼女に提供した曲は、

なんと、作詞のみの曲も含めれば11曲にものぼるのだという。

ボクはあいにくシングル盤提供曲しか持っていないけれど・・・。

img4148.jpg img621 img4149.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1826-ab18aeae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック