FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4190a.jpg

去年のお正月は孫たちが来てくれていたのに、

高熱が出て腹痛が激しく、結局年明けから入院・・・、

散々な正月だったなぁ、なんて思いながら、

1月のレコード・コンサートのレコードをピックアップしていたら、

いままで見逃していた冬の曲を発見。

あっ、テーマは“寒い冬の曲”。

オールディーズ・ファンにもあまり馴染みのないアーティストですが、

67年全米42位、フェリス・テイラーって黒人女性歌手の、

「It May Be Winter Outside(But In My Heart It’s Spring)」。

「寒い冬、熱い心」って邦題がついていました。

なぜ、ボクがこのレコードを持っていたのか?

それは、ダイアナ・ロスのそっくりさんかのような歌声、

そして、あのバリー・ホワイトの初期作品、

そして、変則カップリング盤。

B面もアップしましたが、タイトルは「ウインター・アゲイン」、

まるでカラオケのように、コーラスだけが入っているインスト曲。

作曲はバリー・ホワイトらしいのですが、クレジットもなく、

聞くところによると、A面だけをチャートの対象にしたレコードとのこと。

こんなエピソードに魅かれて買ってしまいましたが、

A面のダイアナ・ロス似の声と曲、お気に入りの1枚です。

img4190b.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1846-06983bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック