FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4191.jpg

あけましておめでとうございます。

今日から9歳と3歳の孫娘たちが来て、

どんよりしていた正月がとても明るくなりました、

は、家内に失礼か!

2020年初めてのレコードは、なんて、レコード棚を漁っていたら、

聴きたくなったのは、「パラダイス・ア・ゴー・ゴー」。

65年、ノーキーがリードをとるベンチャーズの名演。

ベンチャーズが日本にエレキ・ブームを連れてきた頃、

GSブーム前夜の頃、

“ア・ゴー・ゴー”は陽気で楽しい音楽の合言葉。

エレキ・ギターの音色がボクたちを虜にした一曲でした。

というわけで、引っ張り出したもう1枚の“ア・ゴー・ゴー”は、

66年の青春映画の主題歌「青春ア・ゴーゴー」。

3枚の競作がリリースされましたが、ボクの一押しは、

日活ヤングアンドフレッシュ、という即席バンド。

その名の通り、日活のヤング・スターによるエレキ・バンドでした。

リード・ギターは山内賢、ドラムス和田浩治、

ベースは杉山元、サイド・ギターは木下雅弘、

いずれも当時の日活の青春映画には欠かせないメンバーでした。

あんなに単純で純粋な青春物語なんて、今では想像もできませんが、

ほんとうにいい時代だったんですね、

とは、年寄りの戯言・・・、見逃してください。

2020年の年明けはこんな古き良き時代への郷愁からスタートです。

img4192.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1847-8b6d4982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック