FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4197a.jpg

元旦に年賀状と一緒に届いたレコードは、

12月下旬に落札した待望の1枚でした。

ボクの大好きなカスケーズのリード・ボーカル、ジョン・ガモーが、

66年を最後にカスケーズを離れ、

その後にリリースしたシングル・レコードのことは、

14年12月2日と19年8月4日に書きましたが、

その時点で1枚どうしても見つからないシングルがありました。

脱退後、最初の1枚は67年トゥ・ビッツ名義、

3枚目は69年ジョニー・ガレット&ライジング・サインズ名義、

その後、ケンタッキー・エクスプレス名義の4枚を挟んで、

71年はイメージ(フィチャーリング・ジョン・ガモー)名義で、

72年にようやくジョン・ガモー名義で、と集めたのですが、

2枚目がなかなか見つからないでいたのです。

2枚目は67年のジョニー・パリス&カンパニー名義で、

実はこの曲が最も好きで、ガモーの声の魅力にあふれた1枚。

「ベイビー、アイ・キャント・ストップ・マイセルフ」、

なんといってもこの曲は、P.F.スローンとスティーブ・バリの作。

このコンビ、ガモーのボーカル、バックのギターはスローン、

悪かろうはずはありません。

2020年、最高のお年玉。

B面は初めて聴きましたが、「アイル・ラン」、こちらもまたいいですね。

img4197b.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1851-3e4d82d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック