FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4214a.jpg

前々回、長年探していた1枚を今年になって入手した、と書いた、

その1枚こそ、このイギリス発売のEP盤。

62年のリリース、収録の4曲とも若かりし頃のスコットの頂点の歌、

だと、ボクは思う。

中でも、最高に好きなのは、A面の2曲目、「ワット・ドゥ・ユー・セイ」。

スコット・ウォーカーを名乗る前の、スコット・エンゲルの集大成で、

この声、この曲調、この歌い方が後のスコット・ウォーカーを作った、

と思うのは考え過ぎか、言い過ぎか。

この後、63年、日本では“ウォーカーズのジョンとスコット”として、

リリースされたジョン・スチュワートとのダルトン・ブラザーズを経て、

ウォーカー・ブラザーズを結成する。

ジョンとスコットとしての「愛は君だけに」と「太陽と踊ろう」は既出、

15年5月27日に書いた。

このジョンは、ウォーカーズのジョンとは別人、というのが今日の定説。

さて、64年、ウォーカー・ブラザーズ結成!

デビュー曲は「プリティ・ガールズ・エブリウェアー」、

が、この時のドラマーは、ゲイリーではなく、

アル・シュナイダーという人だったらしい、

レコードを聴いただけではよくわからないけれど。

そして、65年以降、

ゲイリーに交代したウォーカーズの歴史が始まる。

img4214b.jpg img3363a.jpg img4215.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1864-002edaca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック