FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4239.jpg

悪いけどこの企画書のコピー録ってくれるぅ?

えっ、サイズ?

A4でええよ~ん!

この場合の、コピーとは、複写すること。

コピーにはもうひとつの意味がある。

広告の世界では、広告の文章、キャッチフレーズのこと、

コピーライターとか、ヘッドコピーとか、ボディコピーとか・・・。

昔、ボクの広告営業生活の中での思い出の広告コピーのことを書いた。

“空気は運びたくない、一番高価な荷物だから。”は15年3月26日に、

“みどりのクレヨン使える街。”は15年4月5日に。

今日思い出したのは、正確にはコピーではなく、歌詞の中のセンテンス。

書いたのは山川啓介さん。

涙は心の汗だ。

74年、中村雅俊のテレビドラマ『われら青春!』の主題歌、

「帰らざる日のために」、いずみたくシンガーズ。

歌の歌詞の中にはこんな心に残る名作がいくつかある。

日頃あまり陽の当たらない作詞家の先生にもっともっと光を!

たぶん、あげればきりがないと思うけれど、

なぜか、今夜突然心に浮かんだコピーに、

確かあったばず、なんて、探して探して、引っ張り出したシングル盤。

青春時代、懐かしいですね。

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1878-51685223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック