FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4303.jpg

前回に引き続き、“涙”のタイトルを探し出しました。

あの、ミル・マスカラスの登場曲でおなじみの「スカイ・ハイ」を

75年全米3位に引き上げたジグソー、

その直前にリリーした「Baby Don’t Do It」の邦題は

「涙の願い」。

「スカイ・ハイ」とはイメージがちょっと違う甘く切ないメロディ。

YouTubeで見たら、ドラマーがリード・ボーカルのグループでした。

お次は、62年全米№1の「ジョニー・エンジェル」のシェリー・フェブレー、

63年の「I Left A Note To Say Goodbye」、

邦題は「涙のスーツ・ケース」、

国内盤も出ているのですが、なかなか手にはいらないのです。

レコード・ジャケットに書かれたこの曲のキャッチフレーズは、

許してね、パパとママ、いつかわかって下さるわ。

というわけで、“私はさよならを言うためのメモを残した”、というわけなのです。

B面は「Ronnie,Call Me When You Get A Chance」、

邦題は「気まぐれデート」。

ボクはこっちの曲の方が好きなのですが・・・。

img4306.jpg img4304.jpg img4305.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1916-c26cacea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック