FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4307.jpg

先日、筒美京平さんの訃報に際して、

彼の代表曲のひとつとして、テレビで流された「また逢う日まで」。

その、尾崎紀世彦、

久しぶりのカルトGSシリーズは、彼が在籍していたワンダースである。

分類上はGSとされているけれど、

厳密にはスタンダード志向のボーカル・グループで、

TVドラマの主題歌やCMソングを歌ったり、

NHKに出演したりと重宝されていた。

彼らの楽曲で最もヒットした曲が67年10月発売の「霧と恋」、

橋本淳・すぎやまこういち作で、

まるでウォーカー・ブラザーズのようなイントロ、

ティンパニーやピアノが大げさな歌謡曲、歌の上手さが光る。

尾崎紀世彦は、ワンダースを結成する前は、

ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズに居た。

余談だが、このグループ、

尾崎が加入する以前、60年前後には、

後にドリフターズに加入することになる碇矢長一(いかりや長介)、

ドンキー・カルテットとして身を立てる吉田一男(ジャイアント吉田)、

そして、エレキの大御所、寺内タケシも在籍していた。

いうまでもなく、日本のウェスタンの草分けジミー時田さんのバンドである。

なにはともあれ、「霧と恋」、持っていたけれど今夜初めてゆっくり聴いた。

img3231a.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1917-7a3a214d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック