FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img4374.jpg

改名して、「骨まで愛して」で大成功した城卓矢さんのことを

14年7月に書いた。

城卓矢と改名する前の名前は菊地正夫、

ヨーデルのウイリー沖山さんに師事した。

その後はウェスタン歌手として活動した。

しかし、彼は66年に城卓矢で演歌歌手として大成功するも、

67年にウェスタン調の「トンバで行こう」をリリースしたことは書いた。

今回は、その後の彼のレコードを見つけた話。

68年、今度はヨーデルの「東京のミルクマン」をリリースした。

ファルセット好きのボクがようやく手に入れた1枚だ。

大成功した演歌の城卓矢に固執しないで好きな歌を歌う、

もしかしたらそんな理由だったのかどうかはわからないけれど、

名前になんて固執しない好感のもてる素晴らしい人生だと思う。

ヨーデルの名曲に「アルペンミルクマン」という名曲があり、

師匠のウイリー沖山さんの名唱は有名なところ。

「東京のミルクマン」なんてタイトル、この曲へのオマージュであることは歴然。

ついでに、菊地正夫のファイルを探していたら未紹介の1枚を発見。

60年のデビュー曲「スタコイ東京」を64年に別カップリングで出したもの、

カップリング曲は「ダッキャダッキャ節」、

もはや、ヨーデルでもウェスタンでもない。

まあ、記念の1枚として持っていたのだろうか?この1枚。

なにはともあれ、

「アルペンミルクマン」と「東京のミルクマン」を楽しむ夜です。

img3141.jpg img3142.jpg img4375.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/1957-d6bd8f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック