FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img628

若い頃はトンガっていた。

社会に対して、許せないことがあった。

会社や上司に対して、言いたいことが山ほどあった。

自分の存在を皆に認めても欲しかった。

だから・・・

英語が堪能だったら、きっとボブ・ディランが好きだったと思う。

英語の歌詞がよくわからなかったから、

ボブ・ディランのレコードはこの1枚しか持っていない。

「風に吹かれて」、「ライク・ア・ローリング・ストーン」、

「ミスター・タンバリンマン」、「時代は変わる」、

ジャケットの素晴らしさに魅せられて買ってしまったけれど、

ボクにとっては、この4曲で十分。

いつの間にか歳をとって

マルくなってしまった。

社会に対しても、会社に対しても、部下に対しても、結構許せる。

自分の存在だって、認めてくれる人だけが認めてくれればいい。

決して枯れてしまったのではない。

自分の意見や、自分の主張はいつも持ち続けているのだから。

ボブ・ディランは、今どうしているのだろう。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/343-cc03b45f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック