FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img645

先月、太田裕美のことをブログに書いた頃、

このコンサートが松山に来ることを知った。

すぐに行こうとは思わなかったのは、

ボクの中でイメージの違う太田裕美に出会うことを恐れたから(そんな大げさな!)。

しかし、まもなくしてチケットを買ってしまった。

「22才の別れ」の正ヤンと、ガロの“ボーカル”大野さんとの、なごみーずライブ。

昨夜、会社を早退して行ったのです。

前のブログで予告したように、

今日は、ボクの人生に再び登場した太田裕美について書こうと思う。

高音の美しさに魅せられて、デビュー以来ファンだったけれど、

77年のコンサートの後、久しく彼女の楽曲に出会うことはなかった。

それは突然の再会であった。

81年、今では伝説のアルバム『A LONG VACATION』の「さらばシベリア鉄道」が、

前年に太田裕美が出したシングルのセルフ・カバーであることを知った。

もちろん、すぐにレコード店に走った(本当は車で行った)。

そして、続いて出していた大瀧作品「恋のハーフムーン」も買った。

この曲はボクの永遠のフェバリットとなった。

蛇足ながら、大瀧さんの「A面で恋をして」のB面「さらばシベリア鉄道」も

まもなくボクのコレクションに加わったことは言うまでもない。

当然のことながら、「恋のハーフムーン」は昨夜登場することはなかったけれど、

「シベリア鉄道」は3曲目に歌った。

寒い夜、理想的に歳を重ねた3人の姿、

ほのぼのとしたぬくもりを感じさせてくれたひとときに、感謝。

img646 img647 img648
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/349-12f39d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック